スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「U20世界ラグビー選手権」イングランド VS サモア * "Road to 8hours"鈴鹿300㎞耐久ロードレース

長ったらしいタイトルでごめんなさい。
今日は内容も長いよ。いつも長いのに2本立てだからね。
史上最長かもしれませんがのんびりつきあってください。

この2日間、宣言通り行ってきました。

先週の撮影含めて1週間で体重が3.5kgほど落ちています。
それでも元々太っていて昨年の平均値くらいに落ちたくらいなので問題はありません。
07年の最軽量までは4.0kgほどあるし、むしろ自分の中のベストコンディション体重まではあと1.5kgくらいと迫っているのでもうちょっと絞りたいです。

6/13 「U20世界ラグビー選手権」イングランド VS サモア


写真撮影がどうなのかと心配したラグビーでしたが、どうも△でなんとも微妙なところ。
僕は途中で注意されて気づいたのですが条件としては
「望遠レンズ、三脚を使っての撮影はご遠慮ください」といったもの。

つまり望遠ズームで一脚ならありなのか?と勘ぐってしまうんだけど…。
まぁいいや。イマイチ要領が得られないんで今週末の決勝はパスです。

とりあえず1試合は丸々撮れたのでそっちだけ軽く載せます。
雑感系は観客写ってるので載せないでおきます。
せっかくだったのでEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMだけで撮影を行ってみました。

ラグビーを生で観戦するのは初めてということもあって今回は観戦>撮影という感じでのんびりと週末をエンジョイさせていただきました。

※クリックで拡大です。

OR9O1348b.jpg

OR9O0818b.jpg

OR9O0869b.jpg
みんな20歳以下なんだよね?すげーな。

OR9O0986b.jpg

OR9O0916b.jpg

OR9O0926b.jpg

OR9O0990b.jpg

OR9O1065b.jpg

OR9O1325b.jpg

OR9O1032b.jpg


おまけ
OR9O0956-Editb.jpg

OR9O1019-Editb.jpg


感想
撮影的な意味で言えば、ホントすいません。
フィールドスポーツってほとんど撮影したことないんだけどやっぱりクソ難しいですね。
追えない追えない。単調な構図ばっかり。
瞬間的に画面の中の状況を判断して決断しなきゃいけない。
決定的瞬間を逃しまくりでイライラ…。
でも楽しい。
そろそろ競馬&モータースポーツだけじゃなくて撮影の幅を広げてみようと思ういいきっかけになった撮影でした。
あとセレクト時でも逆に知らなさすぎて何がいい写真で何がダメな写真とかわけわかめ。
多分載せなかった写真の中にお宝があるかもしれませんが、それは成長して改めて発見してみたいですね。

んで、やっぱり生観戦っていいね!
サモアが終止劣勢だったんだけど、サモア選手の最後の最後まで点を取ってやるぞという執念、そして会場全体で起きるサモアコール。
撮影しながら感動して久々に鳥肌がバリバリ立っちゃっておめめうるうるですよ。
観客のほとんどは日本人なのに他国の選手たちに温かい歓声を上げているなんてなかなか無いですよ。
日本人好きだわ。
あと、会場の一体感。
ワー!とかオォー!のタイミングがあまりに同じだからてっきり音声音源でもタイミング良く流してるのかと思ったほど。

ラグビー楽しいわ。
冬の本格シーズンまでにちょっと勉強しておこう。

第二試合の日本対スコットランドは撮影を諦め、前半のみ観戦して帰途につきました。
翌日は鈴鹿ですから。

6/14 "Road to 8hours"鈴鹿300㎞耐久ロードレース

いやー、暑かった暑かった。
朝は涼しかったんだけど気がついたら汗の量が凄くてこの時期としては異例の水分4L補給。
レーサーやチームが来月の8耐前哨戦ならこちらも前哨戦。
夏場の撮影は汗ダクダク感が快感なのは僕だけですか?

実は一点致命的なミスを犯しまして、凄く恥ずかしかったです。
常にケアは大事ですね。

じゃ、写真載せます。

※クリックで拡大です。

OR9O1767b.jpg

OR9O1544b.jpg
カメラ目線ありがとうございます(笑)

OR9O1785b.jpg

OR9O1828b.jpg

OR9O1920-Editb.jpg

OR9O2040b.jpg
前回のZ4もそうでしたが、金網なり電線があってもそれを消すんじゃなく利用してみようか…という試みをちょこちょこやっております。逆に写すにはこの写真みたいに1/8秒くらいまで遅くしなきゃいけないのでちょっと難しいです。

OR9O1852b.jpg

OR9O2196b.jpg
鈴鹿の2輪レースで最も好きなコーナー。ここで僕と500mmF4は出会いました。
いつ来ても描写が素晴らしい自分の腕試し的な場所。

OR9O2304b.jpg
みなさんお疲れさまでした。伊藤さん!8耐のPP期待してます。

リハビリですが、かなり回復してます。
自分で言うのもアレですが、低速流しに関しては8割+αです。
一瞬の反射はまだまだですが少しずつなおりつつあります。
それがわかっただけでも大きな収穫です。

また、悪い脚もだいぶいいみたいです。
全力ダッシュは無理ですが、この撮影に耐えられるくらいですから現場でもなんとなるはずです。

07年の写真
08年の写真
09年の写真
人というのは変わるもので今年ほとんど撮影を行っていませんでしたが、昨年とは全く違う目線で物事を捉えているんですよね。

いわゆる「発見」ってやつでしょうか。
写真を撮っていると様々な発見に出会えます。
我々が日常の生活で見落としている多くの物事を見ることが出来ます。

だから写真が好きです。
発見して、それをうまく写真に残せるととても嬉しい気持ちになります。
この発見した驚きや喜びを他の人にも伝えることが出来るから。

写真は表現媒体でありますが、まずは「記録」媒体。
気持ちの表現を伝える為の「記録」です。

写真を様々な物(排出物として)に例える人がいますが、僕は自分自身の財産として大事にしています。
子供でもあり、過去の自分を映す鏡でもあり、メモリーでもあり。

写真とはどれだけの付き合いになるかはわかりませんがもっと奥へ進んで行きたいです。
その為には色々と自分が苦手な写真とも向き合わないといけないんだけど…。


好きな物に対しての好き嫌いは極力しないように
苦手な物事でもとりあえずはチャレンジ。
一写入魂。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html


スーパー耐久シリーズ2009 第3戦 スーパー耐久鈴鹿500km

こんにちわ!今週も社内研修です。

さて、今日のタイトル。
昔からこのブログを読んでいる方ならお気づきですね。
行ってきたんですよ。

マジかよ!
はい、大マジです。

学生の頃カメラマンの先輩に
「仕事が休みの日こそ自分の写真を撮れ」
と助言していただいたのを実践すべくしばらく土日は色々ちょこちょこと撮影に行こうと思います。

今回は初回ということもあって日曜日の午前3時終わりの夜勤明けで寮に帰ってきて2時間半ほど仮眠。
6時過ぎの電車でGO!です。

本格的なモータースポーツの撮影は昨年11月のもてぎS耐以来(あのときもあまり撮影出来なかったけど)だからおよそ7ヶ月ぶりくらい!?

僕さ、モータースポーツの写真撮り始めたのって06年の8月くらいなんだよね。
だからまだ丸3年と経ってないんですがそれでこのブランクってやばくね?

そもそも大マジだったのは07年だけで、去年は就活とお仕事でなかなか撮影も来れなかったし。
だから今の自分は07年の貯金と08年のテイストを写真撮るときに使ってる訳ですが、昨日の撮影はホントにブランクってあるんだなと感じさせられました。

今まで体に染み付いてきた様々なことをすっかり忘れていて、写真を撮りながら思い出すといった感じ。
でも収穫は山ほどあったのも事実。

メモで残しておきます。

・手術後初の本格的撮影だったんだけど脚が悪いから15kg近くある荷物を背負っての行脚はキツイかと思ってたけどアドレナリンが出始めたら昔のようになんともなかったこと。

・写真が下手なことを再確認。昔はシャッター速度1/10の流し撮りを打率.250くらいでやっていけたけど腕が錆びて1/25ですら.200いくかどうかだったし。ピクチャースタイルをレース用にして無かったのも悪いけど。

・道具のせいにしちゃいけないよね。撮影中やたらピントがあわなくてレンズがおかしいのかと疑ってホントすいません。合焦しにくい光の条件があるのをすっかり忘れてて、そこで撮ってたら当然合わない。また描写の威力が最大に発揮される条件じゃないのに高望みし過ぎです。
家に帰ってモニターで見てみるとちゃんとそこそこ見れたから。
ただしやっぱり正面から流さずに撮ると若干、前ピンなのかな?とも思う訳です。

そんな感じです。

鈴鹿も改修されて初めて行ったけどもう変わりまくりでいくつかの撮影ポイントは使えなくなってたし、新たに使えそうなポイントもいくつか見つけました。
また、コースのレイアウト自体の変更で以前のような表現が難しいかも…と思わせるようなコーナーもちらほらと。

まぁなんだかんだいって鈴鹿は好きだけど、写真を撮影する自分としては結構苦手なサーキットでもあります。
細かい研究が出来てないからホントに難しいです。

とりあえずへったくそですが、昨日撮った写真を昔みたいに何点か載せていきます。
※クリックで拡大です。



OR9O9263bb.jpg
こういう車でこういう色で、この時期の芝を見るとついヨーロッパを想像しちゃうよね。

OR9O9834b.jpg

OR9O0123b.jpg
失敗カットだけど。イメージとして。シロツメグサの花などを前景に入れて季節感を出したかったんです…。
OR9O9754-Editb.jpg
なんか葉っぱの隙間を狙うのが流行ってるみたいなので真似して初めて撮ってみました。むずいね…。
OR9O0355b.jpg

OR9O0368b.jpg

ちょっくら休憩をしようとヘアピンについた途端あれよあれよと目の前で4台がコースアウト&クラッシュ。不思議な体験でした。
OR9O0404b.jpg

OR9O0420-Editb.jpg

OR9O0428-Editb.jpg

S耐に来るとZ4ばかり撮っちゃうってのは自分だけじゃないはず…だよね?

OR9O0490b.jpg

OR9O0500b.jpg

あの古いピット&パドック、グラスタが好きだった自分としては近代化はちと寂しい。

OR9O0562b.jpg

OR9O0612b.jpg
このシケイン周辺の複雑なラインを活かした写真ってのをしばらくの課題として見つめて行きたいですね。

OR9O0664b.jpg
妙にしっかりと整った写真。なんか気持ち悪いな。

OR9O0685-Editb.jpg
夕陽が奇麗でね。たまにはこういう落ちついた写真でもと撮ってみました。


はい、こんな感じです。
やっぱり難しいよね。

こんなんじゃ…

今回のイメージとしては新緑をうまく使うこと。
モータースポーツに関しては写真も基本ヨーロッパかぶれなんで、日本を意識させないように撮影をしてみました。

久々ということもあって四苦八苦。
結構しんどかったです。
でも、懐かしい感覚でとっても楽しかった。

気分としては07年に近い。
去年は撮影に行ってたけど心と体に余裕が無かったから。
今年は体は余裕無いけどまだ、心はずいぶん楽。

一区切りついて、再スタートという気持ちが楽にさせているように思う。

それにしても引き出しがほしいなー。
今の会社で色んなこと経験していつか辿り着いてみせるよ。

そのためにはこんなんじゃ絶対ダメだ。
もう一度技術と感性を磨き直そう。

知識も…必要さ。
日々勉強。

がんばろう。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)



「東京工芸大学 芸術学部写真学科 作品展」での写真

みなさん、こんにちわ。
今日の東京はとても暖かく、春の訪れを予感させるような柔らかい空気が身を包んでくれました。

さて、12日まで行われていた写真展
「東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業制作選抜展」も無事に終わりいよいよ次の六本木ヒルズで開催される卒業展が最後となりました。
僕は10日、火曜日の受付だったんですがちょうど交代の時間直前にウチの大学のOBで、レースフォトグラファーの池之平昌信氏が来場なさって少しお話しすることが出来ました。

ラッキー☆


さて、先日友人に僕宛の写真の入った封筒が大学の研究室に届いているというメールを頂いたんですが全く心当たりがない自分。
もしかして僕の卒業制作が何らかの事情で戻ってきたのではないかと思っていましたが今日大学に行って確認してきました。

みなさん覚えてます?
昨年の6月に新宿のエプソンのギャラリーで展示した写真展。
「東京工芸大学 芸術学部写真学科 作品展」
あれの写真が返ってきてたんですね。

その封筒には一緒に渡しておいた写真データも返ってきたので今日はその写真を載せたいと思います。
なんか今更な感がありますが、当時来ることが出来なかった皆さんどうぞ!

ちなみに下から3番目のFCJの写真は、シャッタースピードが速くして撮ったように見えますが実はそこそこ遅くて1/20秒とかです。
こっちの方が時間の感覚を写真に混在出来そうだと考えた結果生まれた写真です



OR9O3545-Editc.jpg

OR9O1445-editb.jpg

OR9O0668-editb.jpg

OR9O1718-editb.jpg

OR9O0051-Editb.jpg

OR9O8283-editc.jpg



まぁ当然2007年、2008年前半の写真な訳ですが、一枚一枚見ていると当時の撮影シーンがビンビンに思い出してきちゃいますね。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
自分は写真が本当にヘタクソなので毎回ウンウンと唸り試行錯誤をしながら撮影しています。
そんな光景が頭に思い浮かぶ。懐かしい。


最近、少し時間が出来たこともあってPCに向かってはこの2年で撮った写真たちを楽しく眺めるのが日課となっています。

思考の整理学よろしく、ほどほどに頭の片隅に寝かしておいた写真を今見ると多くの発見に出会えます。
当時は無我夢中、無意識で偶然撮影出来た写真でも今見てみると普段の自分では思いつかない構図であったり、着目の面白さを感じることが出来、とても勉強になります。

温故知新。
常に前を見続け走り続けるだけでなく、自分を省みることって大事ですよね。
過去を否定しちゃいけません。過去は事実。それを糧にしてどのように進んで行くか。
難しいお話です。

よく年が明けてしばらくは前年の感覚が抜けないと思いますが、僕は未だに2007年の気分が抜けません。
それだけ僕にとって2007年は重要な年です。
確かに自分の環境が大きく動き、自分自身の成長を感じられたのは2008年であり今年は更なる発展を目指して頑張っていますが自分の中では2007年こそがすべての始まり。
レースの撮影を初めてした2006年は差詰め2007年への準備期間。

一年一年が独立した自分の人生ですがここにきて一本の繋がりが見え始めました。
この繋がりが今後どのような道へ続いているのかわかりません。
出来れば自分の希望へと繋がっていてくれると嬉しいんですが。

まぁ僕の持つ2007年への思いはまた後々。
今日は昔の写真展で使った写真を掲載してみました。

また機会があれば、色んな写真展での写真を掲載してみたいと思います。

それではまた。

学生ブログランキング参加中

写真展のお知らせ

みなさんこんばんわ。
退院して早くも2週間。
入院の2週間より早く感じる日常に違和感を感じています。

さて、今日は写真展のお知らせです。

あさって2月6日から12日まで六本木東京ミッドタウンにある
富士フィルムスクエア2F、富士フィルムフォトサロンにおきまして東京工芸大学 芸術学部写真学科 卒業制作選抜展が開催されます。

以下説明文
東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業制作選抜展
東京工芸大学芸術学部写真学科は、創立1923年(大正12年)に写真の技術と芸術表現の修得を目的として設立された小西写真専門学校を前身とする学科 です。
学生がそれぞれの研究テーマを形にするべく、一年間切磋琢磨しまとめあげた卒業制作約100作品の中から、33作品を選抜し展示致します。
是非ご高覧いただき、忌憚のないご意見を頂戴できれば幸いです。


僕の写真も半切サイズで6点展示される予定です。
卒業制作は26点の作品なんですが、そこから学校側が選んだ6点です。

残念というか毎年のことなので仕方がないことなんですけど、この展示内容には僕の意思が一切入る余地がないんですよね。
どういことかというと
展示場所、写真のサイズ、展示点数、写真のセレクト、そして写真の配置、全部学校側が決めちゃうということ。

個人的にはこの写真がいい、この並びでこの写真はここにこの大きさで、みたいな指示が原則的に出来ない。

学生の中からの選抜展だから選ばれるだけでも良いことなのかもしれないけど
何でこの写真を選んでくれないの?これは展示向けの写真じゃないんだけど、というものが含まれていて個人的にはテンションが上がりきっていないということも事実です。
スポンサーには逆らえないよねぇ。

でもでも写真展自体は見応えはあると思います!
みんなの力作が展示されてるから。

となりのスペースでは専門学校 東京ビジュアルアーツ2009卒業制作展も開催です。

一度でたくさんの写真が楽しめる展示となってます是非皆さん遊びにきてくださいね!


それからもう一つの展示のご紹介。
2月の20日から22日まで六本木ヒルズで東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展2009が開催されます。

こちらは芸術学部全体の展示です。
詳しくはまた今度載せます。

こちらにも僕は出展しますが、写真は明後日から開催される写真展とは全部内容を変えてます。
なので両方見に来てくれれば僕の卒業制作の6割くらいが見れます(笑)

ショッピングがてらに六本木に遊びにきた際は皆さん是非ご覧になって行ってくださいね!!

OR9O2923.jpg

学生ブログランキング参加中

トヨタモータースポーツフェスティバル2008

みなさんこんばんわ。
先週末は友達と後輩とで連れ立ってFISCOで開催されたトヨタモータースポーツフェスティバルに行ってきました。

特にこれと言って印象にはないんだけど帰りの渋滞が半端なかった。
運転してくれた後輩くんありがとう。

OR9O5161.jpg

旗が靡くまで待てないとこんな写真になります。

OR9O5208.jpg

今年覚えた表現の一つ。

OR9O5456-Edit.jpg

オーソドックスな写真でごめんなさい。NASCARがついに富士を走ったのでつい…
NASCARとFISCOの関係を知ってる人には感慨深かったはず。

OR9O5746.jpg

TS020 意外と初めて生で見たかも。相変わらずカッコいい。

OR9O5823.jpg

今年のFポンと
OR9O5832.jpg

来年からのFポン。
カラーリングは別として細部の作り込みのちゃちさったら…
これが本当に国内トップカテゴリか?と言いたくなるくらいに情けない。
デザインもプロダクトデザインをまさかそのまんま出してくるなんて。
とにかくダサい。

OR9O5930.jpg

OR9O5979.jpg

今年ほとんど撮影する機会のなかったGTマシン。
OR9O6121.jpg

で、最後にF1。
オーソドックスだけど斜光が凄く奇麗でした。
背景選びに失敗したのが心残りだけど。

まー、じゃあそういう感じで。
お疲れさまでした!

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。