スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月20日 第80回 都市対抗 東海2次予選 岡崎市民球場 第1試合 1回戦 ヤマハ VS トヨタ自動車 

えー、一つ謝りたいことがあります。
昨日行くはずだった「鈴鹿選手権シリーズ第4戦 カートレース IN SUZUKA」
久々に寝過ごしまして、行けなかったです。
凄く恥ずかしい…。

まぁ今月入って休みの日は必ずどこかしら写真撮りに出かけていてまともに体を休めていなかったからたまには体の休息も必要だよねってことにしてください。
ホントごめんなさい!

そういえばちょっと前からblogのデザインを変更したんですがどうでしょう?
学生の頃使っていたおなじみのデザインやカラーを少し踏襲した感じとなっていますんで昔と似た雰囲気で文章や写真を楽しんでいただけると思います。

6月20日 第80回 都市対抗 東海2次予選 岡崎市民球場 第1試合 1回戦 ヤマハ VS トヨタ自動車 

さて、前日の土曜日なんですがお休みということもあって愛知県の岡崎市民球場で行われていた都市対抗野球の予選を見に行ってきました。

社会人野球って初めての経験です。
今回は絵作りの為の撮影というよりは、これから仕事として必ず撮らなければいけないであろう野球写真の練習という意味での撮影です。
自分の撮影スタイルの中では珍しい「本番の為の技術撮影」。

細かいことはめんどくさいんでバリエーション少ないですけどいくつか写真載せます!

※クリックで拡大です

OR9O2710b.jpg

まぁ、オーソドックスなピッチャーのバックネット裏からの写真ですよね。

OR9O2716b.jpg

横位置だとこんな感じ。

ちょっと違う視点で写真を撮ってみると…。

OR9O2677b2.jpg

ピッチャー、ボール、打者の関係を表すことが出来るし
(この写真だとボールにピント合わせてピッチャー、バッターをぼかすと凄くカッコいいかも。)

OR9O2724-Editb.jpg

意外とある穴の深さを見せることで足腰の丈夫さとグラウンドの持つ質感を表現出来る。
特にこういう写真だと白黒の方がメッセージとしては使いやすいんじゃないかな?

ピッチャーが投げた球を画面の中に納めるのは意外と簡単だったんだけど、問題はやっぱりバッターの方。
ミートの瞬間を納めるのは本当に難しい。
OR9O2603b.jpg
構図云々は別にして最も攻めてこのくらいまでしか行けなかった。
あとちょっと。でもココから先はそこそこ練習が必要だと思う。
どうやって練習するか…。

OR9O2538b.jpg
たまには撮影の視点を大きく変えることも必要。
例えばこの写真のように上から撮影するといつもとはちょっと違う風景が見えたりする。
芝が奇麗だ。
ちなみにこの写真カラーヒストグラムだと奇麗にBGR三原色が分かれます。

OR9O2596-Editb.jpg

寂しげに。

OR9O2516b.jpg

今回驚いたのは試合中でもグラウンド整備を選手が行うってこと。初めての光景だったんで素で驚いちゃいました。

OR9O2552b.jpg


OR9O2733b.jpg
あらいい笑顔。


まぁとりあえずこんな感じです。
ホントはもっといっぱいバッターの写真があるんですが、今回の撮影はかなり高いスタンドからの撮影だったこともあって表情がみえないものばかりなので割愛しました。

今回の撮影は制限もあり、なかなか表情が見えなかったのが辛かったです。
技術的な練習だと割り切ればそれでいいのかもしれないけどやっぱり写真撮る以上は「顔」が見たいよね。

野球の写真と言えばどうしても新聞的なイメージが強く毎回お決まりのパターンといった印象がありますが様々な視点や切り口で表現するということは決して難しくないはずなんですよね。
ただ、メインの媒体がそれを必要としていない。
保守的な体質な為、思い切った写真がなかなか使いづらい。
だから撮影者側も技術的には優れていても「発見」しようとしない。

良くない循環です。

ちょっとぶっちゃけるけどスポーツ写真撮ってましたなんて言ってたけど、実際モータースポーツ以外の撮影ってほとんど経験ないんだよね。
だから毎回新鮮な目で見れる。技術的にも毎回初めてみたいなもんだから今までの撮影の応用で撮ってます。
ただ、やっぱり事象を「発見」出来る「眼」だけは練習で身に付けるものではなく、常に自発的に物事を観察することで養われるんじゃないかなと思います。



さて、最近blogのリンクに2件ほど追加しましたんでちょっとご紹介。

KENICHI EYES

僕の大学時代の友人であり、スポーツ写真のライバルでもある嶋田健一君の公式サイト。
主にサッカー撮影で、フリーランスカメラマンとして活躍してます。
サッカーだけではなく、雑感撮影も本当に目を見張るものばかりで勉強になる写真ばかり。
これからもお互い様々な現場で切磋琢磨して成長していけるといいなと思っています。

Kenta Kato 公式ブログ るんぴん‐RNPN‐

会社の同期の編集記者のblogです。
野球好きということもあって野球のネタも多いですが会社内外の色々な話題を書かれてます。
会社の同期のみんなとは8月に配属でバラバラになってしまうのでちょっと寂しいですがこういうblogなどのツールを使って近況を知れると嬉しいですね。
これからもよろしく!


あー、今週末はなんも予定がありません。
京都辺りに一人で1泊の小旅行でもして町並みのスナップなどを撮ってこようかな…。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

お、紹介してくれてありがとね!
野球の撮影は新聞社カメラマンの特権?だよね。
プロ野球は撮りたくてもなかなか撮れないからね。笑
来月もしかしたらプロ野球の撮影が出来そうなんだけど、野球はホントにどう自分らしく表現すればいいか悩まされるよね。。
神宮に田口と3人で大学野球撮りに行ったのを思い出すよ。

kenichi>

おつかれ!
blogも作ったみたいで…。
web音痴な健一がスゲー頑張ってるなーと思ってさ。

プロ野球は昔からの利権問題もあってなかなか他媒体が撮影することは難しいよね。
球団を持ってる新聞社は特に厳しいし。

お、来月?
いいねいいね!
雑誌と新聞じゃまったく撮り方違うけど健一なら大丈夫だって。
どんな撮影も基本は同じだよ。
自分がどう感じて、それをどう伝えるかだからさ。

新聞は記事でそう言う部分を描くから、その行程をすっ飛ばした写真が多く使われる。
ちょっと辛いけど…。

神宮懐かしいね。
今、本当に後悔しているのはあの時期(07年頃)もっと神宮に脚を運ぶべきだったなーと。

東都だろうが六大学だろうが撮れば良かった。
もちろん六大学の方は本当に厳しいんだけど、それでもあんなに時間あったんだから学校行かなくてもいいから毎日何かしらスポーツイベントを見つけて行けば良かったな…。

後悔先に立たず、だね。

田口は今ある時間を大事に使ってほしいわ。

プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。