スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンフットボール定期戦 日本大学vs京都大学 @EXPO FLASH FIELD*雑談

梅雨って何だよ。暑すぎだよ。

こんにちわ。
昨日の土曜日なんですが、大阪の万博公園にあるEXPO FLASH FIELDにアメフトの対抗戦を観に行ってきました。

何を隠そう、大阪初見参です。
中学の修学旅行のときに新大阪駅からバスで奈良へ移動する際に降り立ったくらいですからわくわくドキドキ。
写真の撮影の為、色々な街へは良く行きますが毎回楽しいです。
たいてい日帰りですが気分は旅。
今回も京都からの鈍行あり、モノレールありの旅で非常に楽しかったです。

OR9O2809b.jpg
閉園中のエキスポランド

OR9O2813-Editb.jpg
太陽の塔とモノレール。
ここの高速を多分、修学旅行の時のバスで通ったんだよな。
みんな覚えてるかー?

にしても太陽の塔が思いのほかデカイ。
何じゃありゃ!って感じで数千年後遺跡として残ってたら間違いなく信仰の対象になりそうなくらい存在感があった。

芸術ってやつだな。

まぁ駅から如何せん遠くてね。
マップには結構近いぜって思わせる表記なのに歩いてみたら1km近くある。
こっちは15kgくらいの機材持ってるの!
まぁこういうのは慣れてるからいいけどさ。
足腰鍛えられるし。

ただ歩いてても普通に疲れるからたまには写真を撮ろうと思って(笑)
普通の写真も最近撮ってます。花がメインだけど。

OR9O2819-Editb.jpg

こういう写真を撮る時はマクロレンズが欲しくなるよね。
普通の標準ズームじゃなかなか難しい。
でも表現(アプローチ)次第ではそんなに負けない写真も撮れるんじゃないかなと思う。

ということでいよいよ本編の写真を載せますよ。
※クリックで拡大です。

OR9O2838.jpg

OR9O3135b.jpg

OR9O3008b.jpg

OR9O3077b.jpg
乱闘やないよ。

OR9O2893b.jpg

OR9O3185b.jpg

OR9O3038b.jpg

OR9O3193-Editb.jpg

OR9O2917b.jpg

OR9O3145b.jpg

OR9O3196b.jpg

OR9O3245b.jpg

OR9O3271




とりあえずこんなところです。
暑すぎて久々に撮影していて吐きそうになりました。
ゴール裏という絶好の場所を確保出来ましたが、炎天下で2時間立ちっぱなしの撮影というのは堪えました。
来月の耐久レース系大丈夫かいな。


いつも僕の写真を見てくださってる方々&スポーツ写真を撮っている方々は写真を見て気づかれているかもしれませんが…

今回は本当にいつ以来かわからないくらいの大敗北です。
ボールが追えないとかじゃなくて、ボールがどこにあるかさっぱりわからんのです。
サッカーやラグビーも難しかったけどアメフトはまた別。
プロテクターで見えない&トリックプレーでボールを隠したり持ってるフリとかするからこっちまで右往左往。
コツがわかりかけたところで試合終了。

おまけにスポーツを撮り始めた頃なら誰でも経験するであろう
「ファインダーで見た段階だと被写体が大きいけど実際の画面では大して大きくない」現象に久々に遭遇。3年ぶりくらい。
これになったとき負けた…って思った。

「集中しすぎて集中出来ていない」
被写体に集中しすぎて実際の画面の中で何が起こっているかまで集中出来てない状態だもん。
僕が一番嫌いな「ただ撮っただけ」な写真に限りなく近いものだった。


言い訳は絶対にしない。
今回は完全に力不足。
やっぱり自分はまだまだまだまだヘタクソもいいところだ。
リベンジがしてぇ!!!
もっともっといっぱい観て撮って反省したい。
とにかく悔しい…
明日からいよいよ写真部の研修が2週間ほどあります。
6月の頭から急ピッチで進めてきたリハビリ撮影ロードも一段落?です。
それでも一番撮影していた月比較で6割程度の撮影枚数ですが、少なくとも勘と感性くらいは戻った気がします。
ここからは技術を戻すのと新たに手に入れる、そして会社の写真部の中でのローカルルールを覚える時期です。
8月からは嫌でもバリバリだし。
約2ヶ月の自己流超短期カリキュラムだけど今のところはそんなに悪くない。

「自分に常に期待すること。そして絶対に自分を充てにするな」



*雑談*
最後に、最近感じてること…。
これ書くと読んでくれている人たちに総スカン喰らう可能性あるんだけど。

実は428が欲しくなりつつあります。

レースを撮るには丁度いいんだけど普通のスポーツ撮るには54じゃ長過ぎるんです。
いや、そりゃそうやろって感じですよね。

自分はカメラにしろレンズにしろ手元にある物でうまくやり繰りしながら工夫して写真を撮ってます。
相棒とは言っても機械たちに自分の感性が左右されるくらいなら、自分が合わせ込んで写真を撮った方が合理的だと感じているからです。

スポーツの魅力の一つであるアップの写真は超望遠レンズでしか撮れませんが、もし手元に標準ズームしか無かったらどうしますか?

目一杯望遠にして一つのプレーを撮るよりも、広角にしてピッチ上の選手たちの関係や雰囲気を見せる写真。もっと広角にして会場までも入れるという写真を撮るというのも表現の一つです。


スポーツ写真家の祖とも言える水谷章人先生の講演会に昔行ったときに聞いた話なのですが水谷先生はかつて海外で行われるスキーの世界選手権に取材に行った際にとんでもないミスをおかしてしまいました。

なんだと思います?

なんと機材一式を日本に忘れてきてしまったんです。
しかし、更に驚くことに水谷先生はレンズ付きフィルム(いわゆる「写るんです」)で取材を乗り切りました。

要は写真はそもそも機材に左右される物ではなく、今手元にある機材で何が表現出来るかを具現化する行為が大きなウェイトとなっているんだと言えます。

こんな僕でも少しは水谷先生の影響を受けてるんです。

だからモータースポーツ以外も54で写真を撮ってきましたし、他にも安価なレンズたちで発想力を使って高級レンズにも負けないような写真を撮ってきたつもりです。

そんなこともあって持っている機材の少なさ&安さにはいつも驚かれます。

ボディは1台のみ。
54は高いけど他は100-400とレンズ2本の計4本。
しかも両方とも2~3万円台の標準ズームと広角レンズですから。

じゃあなんで428が欲しいんだよということになりますが、強いて言うと「世界」なんです。

レンズやカメラにはそれぞれが持つ世界がある。
54でしか表現出来ない世界。
1Dmark2Nでしか見えない世界。

428の世界を見てみたくなったのです。
428が表現する世界。

これは端から見ると54から428への浮気なんだろうか。
数日後のblogに書きますがあるレンズたちは会社から貸与されるのでしばらくは購入する必要はなさそうです。

でも428は自由に扱えないでしょう(笑)

428自腹じゃまだちょっと買えないな…。
東京転勤だったら車買わなくていいからもしかすると…?
とりあえず明日から写真部頑張ります!

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html


スポンサーサイト

雑記 

今日は最近気になったニュースをいくつか書きたいと思います。

*ツール・ド・フランス*

<自転車>新城幸也がツール・ド・フランス出場へ

超ビッグニュースでした。
体格差が大きく左右されるロードレースの世界で日本人が活躍するのは本当に難しいです。
なんたって戦後日本人としては今中大介さん以来2人目の快挙。

今中さんといえば現在InterMax代表として日本の自転車産業の発展に努められており、僕も昨年編集者をしていたとき何度かお世話になった方です。

今中さんの場合は惜しくも完走となりませんでしたが新城選手には日本人として初完走を果たすとともに、まだ若いですから今年だけではなく来年再来年とグランツールの常連として世界を舞台に活躍してほしいですね。

また
<自転車>別府が山岳賞を獲得。次戦はツールか?

スキル・シマノの別府史之選手もツール・ド・フランス出場の可能性が出てきています。
29日に最終メンバーの発表があるのでまだわかりませんがもしメンバー入りが決まれば今年は民放でも盛り上げてくれるんではないかと期待しています。

他にも今年のツール・ド・フランスは話題が豊富で99年から05年まで前人未到の7連覇を果たしたランス・アームストロングが現役復帰しアスタナから現役最強と言われるアルベルト・コンタドールとともに参戦します。
どちらがエースとしてチームを引っ張り、どちらがアシスト役に廻るのかそれだけでも見る価値ありますよ!

ココ数年ロードレース界は薬物問題で大荒れですが今年こそはクリーンな大会となってほしいですね。

レースは7月4日から26日までの23日間。
詳しくは以下のwebsiteで。
J SPORTS | cycle road race - ツール・ド・フランス2009

081030b.jpg
写真は昨年のジャパンカップサイクルロードレース(宇都宮市10月25日、26日)


*アグネスタキオン急死*

アグネスタキオン放牧中に急死

この情報が流れたとき、本当にショックでした。
前日の深夜に一応速報みたいな形で入電はあったのですが裏が取れてないしネット内でもデマだろ…みたいな状況だったので朝のニュースでしばし呆然。

リンク先のニュースにも書いてあるように世界的に見ても超良血馬。
現役時は左前浅屈腱炎を発症して早くして引退したものの個人的には種牡馬としてもポテンシャルはディープインパクトよりも上なんじゃないかと評価しています。

大種牡馬サンデーサイレンス亡き後の覇権争いにフジキセキなどとともにしのぎを削り、ディープスカイやダイワスカーレットといった世代最強馬を生み出した実績はまぎれも無い事実です。
まだ11歳。
これから種牡馬として更に素晴らしい馬たちを生み出す期待が高まっていた矢先の訃報でした。

こんな形で…馬に限らず「死」というものは本当に堪えますね。

サンデーが亡くなったときもショックでしたが日本競馬界へのダメージはとても大きなものだと思います。

超光速の粒子の意味を持つ「アグネスタキオン」。
現役時代も種牡馬時代もあっという間に走って行きましたね。

本当にありがとう。

OR9O6340-Editb.jpg
写真は2008年2月11東京第4日東京競馬場。アグネスタキオンとは関係ありません。


*ジャック・ビルヌーブ、F1復帰へ交渉中*

>Villeneuve looking for an F1 drive
>Villeneuve veut revenir en 2010
>"Formel 1-Streit sehr unterhaltsam"
>ビルヌーブ、F1復帰交渉を認める

とりあえず集められるだけ集めてみました。
ご存じない方も多いと思いますが、僕はこの「Jacques Villeneuve」というレーサーの熱狂的ファンです。
いや、ファンというか信者というかそういうものを超越した存在です。

彼に会いたいが為に写真を撮り始めたし、自分の10代から20代前半まで青春の情熱のほぼすべてを彼に捧げました。
自分にとって唯一のアイドルでありスーパースターです。

97年にF1参戦2年目でチャンピオンを獲り、今で言うハミルトンみたいな注目を浴びた非常に個性豊かなレーサーでしたがインパクトで言えば当時の彼の方が圧倒的でした。

アメリカのインディでシーズンチャンピオンとインディ500を獲得して鳴り物入りでF1参戦。
デビュー戦からいきなりP.Pを獲得するとレース終盤のマシンアクシデントが起きるまで独走。デビュー4戦目には初勝利を挙げました。
2年目にはフェラーリのミハエル・シューマッハと激しいチャンピオンシップ争いを繰り広げシーズン最終戦にはF1史上最低の蛮行と言われたミハエルの特攻を受けながらも完走しチャンピオンを獲得しました。

彼の父は未だに世界中に熱狂的ファンを持つ "流れ星の伝説"「ジル・ビルヌーブ Gilles Villeneuve」。否が応でも集まる周りのプレッシャーに打ち勝って独自のスタイル築きホンダの第三期やBMWザウバーの立ち上げに加わるなどしましたが、06年のシーズン途中にシートを失いフェードアウト。
実質F1界からは引退した形でしたがここにきてまさかの復帰活動。


もし、万が一来年復帰したらどうしよう…。
"あくまでも冗談"だけどお金を貯めておいてジャックを写真で撮る為だけに飛び出すことも無いことは無いかもしれない。
彼を仕事として写真に納めることが写真を始めたきっかけ。

その彼が目の前に戻って来ようとしている。
5年前の自分に比べれば圧倒的にその夢、目標に近い位置にいる。
自分が死ぬ覚悟でやればそれは絶対に不可能じゃない。

これがおそらく生涯で彼がトップフォーミュラーで戦っている姿を見る最後のチャンスだと思う。

後悔はしたくない。

これから数ヶ月、F1の分裂騒動とともに見守っていきたい話題だ。

もしが実現したときにいつでも動けるように自分自身も鍛えておくと同時にいろいろなことをやっておこう。

bra10.jpg
©2007 Jacques Villeneuves


*近況*

研修4週目。
今週は運動部です。
昨日は名古屋球場へ行き、ホークスvsドラゴンズの2軍戦を取材しました。
2軍戦と言っても交流戦明けの調整もあって豪華メンバー勢揃いでした。
中日の先発は山本昌。スタメンにも藤井や平田が揃えばホークスは柴原が3番に入ってました。
また、ホーム真裏の記者席で試合を見ていたのですが両隣にはホークスの新垣と大場。
一緒にスコアブックを付けるという異常事態(笑)
ホークスファン一筋20年の僕としては感涙ものの一日でした。
来週からはいよいよ写真部研修です。
一応、自分に頂ける機材の情報は手に入れましたが、そこはまだ内緒です。
来週をお楽しみに!

今週末ですが土曜日、大阪に行きます。
詳しくは未定ですがアメフトのリーグ戦を撮影予定です。

余裕があればまたいつものようにblogに掲載します♪

ではまた!

OR9O1687-Editb.jpg


■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html



6月20日 第80回 都市対抗 東海2次予選 岡崎市民球場 第1試合 1回戦 ヤマハ VS トヨタ自動車 

えー、一つ謝りたいことがあります。
昨日行くはずだった「鈴鹿選手権シリーズ第4戦 カートレース IN SUZUKA」
久々に寝過ごしまして、行けなかったです。
凄く恥ずかしい…。

まぁ今月入って休みの日は必ずどこかしら写真撮りに出かけていてまともに体を休めていなかったからたまには体の休息も必要だよねってことにしてください。
ホントごめんなさい!

そういえばちょっと前からblogのデザインを変更したんですがどうでしょう?
学生の頃使っていたおなじみのデザインやカラーを少し踏襲した感じとなっていますんで昔と似た雰囲気で文章や写真を楽しんでいただけると思います。

6月20日 第80回 都市対抗 東海2次予選 岡崎市民球場 第1試合 1回戦 ヤマハ VS トヨタ自動車 

さて、前日の土曜日なんですがお休みということもあって愛知県の岡崎市民球場で行われていた都市対抗野球の予選を見に行ってきました。

社会人野球って初めての経験です。
今回は絵作りの為の撮影というよりは、これから仕事として必ず撮らなければいけないであろう野球写真の練習という意味での撮影です。
自分の撮影スタイルの中では珍しい「本番の為の技術撮影」。

細かいことはめんどくさいんでバリエーション少ないですけどいくつか写真載せます!

※クリックで拡大です

OR9O2710b.jpg

まぁ、オーソドックスなピッチャーのバックネット裏からの写真ですよね。

OR9O2716b.jpg

横位置だとこんな感じ。

ちょっと違う視点で写真を撮ってみると…。

OR9O2677b2.jpg

ピッチャー、ボール、打者の関係を表すことが出来るし
(この写真だとボールにピント合わせてピッチャー、バッターをぼかすと凄くカッコいいかも。)

OR9O2724-Editb.jpg

意外とある穴の深さを見せることで足腰の丈夫さとグラウンドの持つ質感を表現出来る。
特にこういう写真だと白黒の方がメッセージとしては使いやすいんじゃないかな?

ピッチャーが投げた球を画面の中に納めるのは意外と簡単だったんだけど、問題はやっぱりバッターの方。
ミートの瞬間を納めるのは本当に難しい。
OR9O2603b.jpg
構図云々は別にして最も攻めてこのくらいまでしか行けなかった。
あとちょっと。でもココから先はそこそこ練習が必要だと思う。
どうやって練習するか…。

OR9O2538b.jpg
たまには撮影の視点を大きく変えることも必要。
例えばこの写真のように上から撮影するといつもとはちょっと違う風景が見えたりする。
芝が奇麗だ。
ちなみにこの写真カラーヒストグラムだと奇麗にBGR三原色が分かれます。

OR9O2596-Editb.jpg

寂しげに。

OR9O2516b.jpg

今回驚いたのは試合中でもグラウンド整備を選手が行うってこと。初めての光景だったんで素で驚いちゃいました。

OR9O2552b.jpg


OR9O2733b.jpg
あらいい笑顔。


まぁとりあえずこんな感じです。
ホントはもっといっぱいバッターの写真があるんですが、今回の撮影はかなり高いスタンドからの撮影だったこともあって表情がみえないものばかりなので割愛しました。

今回の撮影は制限もあり、なかなか表情が見えなかったのが辛かったです。
技術的な練習だと割り切ればそれでいいのかもしれないけどやっぱり写真撮る以上は「顔」が見たいよね。

野球の写真と言えばどうしても新聞的なイメージが強く毎回お決まりのパターンといった印象がありますが様々な視点や切り口で表現するということは決して難しくないはずなんですよね。
ただ、メインの媒体がそれを必要としていない。
保守的な体質な為、思い切った写真がなかなか使いづらい。
だから撮影者側も技術的には優れていても「発見」しようとしない。

良くない循環です。

ちょっとぶっちゃけるけどスポーツ写真撮ってましたなんて言ってたけど、実際モータースポーツ以外の撮影ってほとんど経験ないんだよね。
だから毎回新鮮な目で見れる。技術的にも毎回初めてみたいなもんだから今までの撮影の応用で撮ってます。
ただ、やっぱり事象を「発見」出来る「眼」だけは練習で身に付けるものではなく、常に自発的に物事を観察することで養われるんじゃないかなと思います。



さて、最近blogのリンクに2件ほど追加しましたんでちょっとご紹介。

KENICHI EYES

僕の大学時代の友人であり、スポーツ写真のライバルでもある嶋田健一君の公式サイト。
主にサッカー撮影で、フリーランスカメラマンとして活躍してます。
サッカーだけではなく、雑感撮影も本当に目を見張るものばかりで勉強になる写真ばかり。
これからもお互い様々な現場で切磋琢磨して成長していけるといいなと思っています。

Kenta Kato 公式ブログ るんぴん‐RNPN‐

会社の同期の編集記者のblogです。
野球好きということもあって野球のネタも多いですが会社内外の色々な話題を書かれてます。
会社の同期のみんなとは8月に配属でバラバラになってしまうのでちょっと寂しいですがこういうblogなどのツールを使って近況を知れると嬉しいですね。
これからもよろしく!


あー、今週末はなんも予定がありません。
京都辺りに一人で1泊の小旅行でもして町並みのスナップなどを撮ってこようかな…。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html




「U20世界ラグビー選手権」イングランド VS サモア * "Road to 8hours"鈴鹿300㎞耐久ロードレース

長ったらしいタイトルでごめんなさい。
今日は内容も長いよ。いつも長いのに2本立てだからね。
史上最長かもしれませんがのんびりつきあってください。

この2日間、宣言通り行ってきました。

先週の撮影含めて1週間で体重が3.5kgほど落ちています。
それでも元々太っていて昨年の平均値くらいに落ちたくらいなので問題はありません。
07年の最軽量までは4.0kgほどあるし、むしろ自分の中のベストコンディション体重まではあと1.5kgくらいと迫っているのでもうちょっと絞りたいです。

6/13 「U20世界ラグビー選手権」イングランド VS サモア


写真撮影がどうなのかと心配したラグビーでしたが、どうも△でなんとも微妙なところ。
僕は途中で注意されて気づいたのですが条件としては
「望遠レンズ、三脚を使っての撮影はご遠慮ください」といったもの。

つまり望遠ズームで一脚ならありなのか?と勘ぐってしまうんだけど…。
まぁいいや。イマイチ要領が得られないんで今週末の決勝はパスです。

とりあえず1試合は丸々撮れたのでそっちだけ軽く載せます。
雑感系は観客写ってるので載せないでおきます。
せっかくだったのでEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMだけで撮影を行ってみました。

ラグビーを生で観戦するのは初めてということもあって今回は観戦>撮影という感じでのんびりと週末をエンジョイさせていただきました。

※クリックで拡大です。

OR9O1348b.jpg

OR9O0818b.jpg

OR9O0869b.jpg
みんな20歳以下なんだよね?すげーな。

OR9O0986b.jpg

OR9O0916b.jpg

OR9O0926b.jpg

OR9O0990b.jpg

OR9O1065b.jpg

OR9O1325b.jpg

OR9O1032b.jpg


おまけ
OR9O0956-Editb.jpg

OR9O1019-Editb.jpg


感想
撮影的な意味で言えば、ホントすいません。
フィールドスポーツってほとんど撮影したことないんだけどやっぱりクソ難しいですね。
追えない追えない。単調な構図ばっかり。
瞬間的に画面の中の状況を判断して決断しなきゃいけない。
決定的瞬間を逃しまくりでイライラ…。
でも楽しい。
そろそろ競馬&モータースポーツだけじゃなくて撮影の幅を広げてみようと思ういいきっかけになった撮影でした。
あとセレクト時でも逆に知らなさすぎて何がいい写真で何がダメな写真とかわけわかめ。
多分載せなかった写真の中にお宝があるかもしれませんが、それは成長して改めて発見してみたいですね。

んで、やっぱり生観戦っていいね!
サモアが終止劣勢だったんだけど、サモア選手の最後の最後まで点を取ってやるぞという執念、そして会場全体で起きるサモアコール。
撮影しながら感動して久々に鳥肌がバリバリ立っちゃっておめめうるうるですよ。
観客のほとんどは日本人なのに他国の選手たちに温かい歓声を上げているなんてなかなか無いですよ。
日本人好きだわ。
あと、会場の一体感。
ワー!とかオォー!のタイミングがあまりに同じだからてっきり音声音源でもタイミング良く流してるのかと思ったほど。

ラグビー楽しいわ。
冬の本格シーズンまでにちょっと勉強しておこう。

第二試合の日本対スコットランドは撮影を諦め、前半のみ観戦して帰途につきました。
翌日は鈴鹿ですから。

6/14 "Road to 8hours"鈴鹿300㎞耐久ロードレース

いやー、暑かった暑かった。
朝は涼しかったんだけど気がついたら汗の量が凄くてこの時期としては異例の水分4L補給。
レーサーやチームが来月の8耐前哨戦ならこちらも前哨戦。
夏場の撮影は汗ダクダク感が快感なのは僕だけですか?

実は一点致命的なミスを犯しまして、凄く恥ずかしかったです。
常にケアは大事ですね。

じゃ、写真載せます。

※クリックで拡大です。

OR9O1767b.jpg

OR9O1544b.jpg
カメラ目線ありがとうございます(笑)

OR9O1785b.jpg

OR9O1828b.jpg

OR9O1920-Editb.jpg

OR9O2040b.jpg
前回のZ4もそうでしたが、金網なり電線があってもそれを消すんじゃなく利用してみようか…という試みをちょこちょこやっております。逆に写すにはこの写真みたいに1/8秒くらいまで遅くしなきゃいけないのでちょっと難しいです。

OR9O1852b.jpg

OR9O2196b.jpg
鈴鹿の2輪レースで最も好きなコーナー。ここで僕と500mmF4は出会いました。
いつ来ても描写が素晴らしい自分の腕試し的な場所。

OR9O2304b.jpg
みなさんお疲れさまでした。伊藤さん!8耐のPP期待してます。

リハビリですが、かなり回復してます。
自分で言うのもアレですが、低速流しに関しては8割+αです。
一瞬の反射はまだまだですが少しずつなおりつつあります。
それがわかっただけでも大きな収穫です。

また、悪い脚もだいぶいいみたいです。
全力ダッシュは無理ですが、この撮影に耐えられるくらいですから現場でもなんとなるはずです。

07年の写真
08年の写真
09年の写真
人というのは変わるもので今年ほとんど撮影を行っていませんでしたが、昨年とは全く違う目線で物事を捉えているんですよね。

いわゆる「発見」ってやつでしょうか。
写真を撮っていると様々な発見に出会えます。
我々が日常の生活で見落としている多くの物事を見ることが出来ます。

だから写真が好きです。
発見して、それをうまく写真に残せるととても嬉しい気持ちになります。
この発見した驚きや喜びを他の人にも伝えることが出来るから。

写真は表現媒体でありますが、まずは「記録」媒体。
気持ちの表現を伝える為の「記録」です。

写真を様々な物(排出物として)に例える人がいますが、僕は自分自身の財産として大事にしています。
子供でもあり、過去の自分を映す鏡でもあり、メモリーでもあり。

写真とはどれだけの付き合いになるかはわかりませんがもっと奥へ進んで行きたいです。
その為には色々と自分が苦手な写真とも向き合わないといけないんだけど…。


好きな物に対しての好き嫌いは極力しないように
苦手な物事でもとりあえずはチャレンジ。
一写入魂。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html


大学の公式に…

どうもこんにちわ。
夜勤明けなのでこんな時間にブログ書いてます。
寝坊して歯医者さんの予約吹っ飛ばしちゃいました…

今週末はルマンですね。今年はジャックが出ないんで例年続けていたネットでの観戦はいたしません。
アウディR15が予想以上にださくてげんなり。
ブノワが絶好調らしいので頑張ってもらいたいですね!
ロッテラーもR10らしいのでがんばれ!

さて、この間から母校である東京工芸大学と例の賞について少し連絡を取り合ってまして
どうも大学の公式websiteの方で紹介してくれたみたいです。

平野皓士朗さん、嶋田健一さんがJPS展ヤングアイ奨励賞を受賞しました

その他、広報資料や高校生向けの大学パンフッレットなどにも載せてくれるらしい。
こっちは確認出来んのがちょっと残念だけど。

そんなもんだから大学の公式からの来訪者数が昨日から増えてます。
さすがっす。

再近ちょびちょび本名検索でここに来てくれる人も見え始めたのであんまり変なことは書けないね(笑)

地道にやっていきましょう。


週末の予定

さて、リハビリロード第2戦が明日に迫ってきましたよ。
今週は24時までの夜勤明けなので少しは楽なはず。

まずは明日、東京へ向かいます。
秩父宮で開催されている

「U20世界ラグビー選手権」
イングランド-サモア戦
日本-スコットランド戦

を観戦予定です。
まぁ写真撮っちゃダメですよ。なんて危険もありますがその時はその時で純粋に試合を楽しんでみたいと思います。
だって世界最高峰の戦いが2試合分見れてチケット代1500円ってどう考えてもお得じゃん?

もし写真を撮影出来ない場合は6月21日の3位決定戦と決勝はちょっとキャンセルね。
新幹線代キツイんで。
レンズの長さ制限があるかもなんで、史上初の機材フル装備で向かいます。
といっても

ボディ1台
ストロボ1灯
レンズ4本
エクステンダー1本(×1.4)
露出計1台
予備バッテリー1個

くらいですが…。
久々にEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMも同行です。

「おめぇの出番だ100-400!」なんてこともあるかもね。
巷じゃそんなに評価高くないレンズですが僕は気に入ってます。

よくレンズには当り外れがあるといいますが多分僕のは当りの部類なのか光の条件次第では単焦点クラスにも負けないことがちらほらあります。
07年のほとんどは100-400で撮影を行っていたのでよろしかったら過去ログ見てください。


翌日、日曜日は鈴鹿へ向かいます。
“Road to 8hours”鈴鹿300km耐久ロードレースですね。
バイクの撮影は難しいんで気合い入れて行きたいと思います。

2日間ちょっとハードスケジュールだけど、写真撮ることだけは体力的にも苦にならないんで(むしろ楽しい)
夏に向けてダイエットにもなるし絞った方が自分自身がよりストイックになれそうなのでガツガツいきます。

いつもどおりのみすぼらしい格好にお馴染みのウグイス色のBARジャック帽でフラフラといるんで見かけたらお話ししましょう。

よく金あるよなーと思われるかもしれませんが、昔から撮影費のために相当生活費削ってるんで。
07年なんてお菓子とジュース代込みで土日以外は1日300円とかで暮らしてたよ(笑)

それにここに書けば行かざるを得ないという自分への追い込み。
自分を追い込むことってホント重要です。
心が疲労するけどね(笑)

さて、今日が終わればおやすみです。
みなさんたのしく過ごしましょう♪

OR9O8171b.jpg



■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)

http://www.jps.gr.jp/events/jps/2009/exhibition.html


スーパー耐久シリーズ2009 第3戦 スーパー耐久鈴鹿500km

こんにちわ!今週も社内研修です。

さて、今日のタイトル。
昔からこのブログを読んでいる方ならお気づきですね。
行ってきたんですよ。

マジかよ!
はい、大マジです。

学生の頃カメラマンの先輩に
「仕事が休みの日こそ自分の写真を撮れ」
と助言していただいたのを実践すべくしばらく土日は色々ちょこちょこと撮影に行こうと思います。

今回は初回ということもあって日曜日の午前3時終わりの夜勤明けで寮に帰ってきて2時間半ほど仮眠。
6時過ぎの電車でGO!です。

本格的なモータースポーツの撮影は昨年11月のもてぎS耐以来(あのときもあまり撮影出来なかったけど)だからおよそ7ヶ月ぶりくらい!?

僕さ、モータースポーツの写真撮り始めたのって06年の8月くらいなんだよね。
だからまだ丸3年と経ってないんですがそれでこのブランクってやばくね?

そもそも大マジだったのは07年だけで、去年は就活とお仕事でなかなか撮影も来れなかったし。
だから今の自分は07年の貯金と08年のテイストを写真撮るときに使ってる訳ですが、昨日の撮影はホントにブランクってあるんだなと感じさせられました。

今まで体に染み付いてきた様々なことをすっかり忘れていて、写真を撮りながら思い出すといった感じ。
でも収穫は山ほどあったのも事実。

メモで残しておきます。

・手術後初の本格的撮影だったんだけど脚が悪いから15kg近くある荷物を背負っての行脚はキツイかと思ってたけどアドレナリンが出始めたら昔のようになんともなかったこと。

・写真が下手なことを再確認。昔はシャッター速度1/10の流し撮りを打率.250くらいでやっていけたけど腕が錆びて1/25ですら.200いくかどうかだったし。ピクチャースタイルをレース用にして無かったのも悪いけど。

・道具のせいにしちゃいけないよね。撮影中やたらピントがあわなくてレンズがおかしいのかと疑ってホントすいません。合焦しにくい光の条件があるのをすっかり忘れてて、そこで撮ってたら当然合わない。また描写の威力が最大に発揮される条件じゃないのに高望みし過ぎです。
家に帰ってモニターで見てみるとちゃんとそこそこ見れたから。
ただしやっぱり正面から流さずに撮ると若干、前ピンなのかな?とも思う訳です。

そんな感じです。

鈴鹿も改修されて初めて行ったけどもう変わりまくりでいくつかの撮影ポイントは使えなくなってたし、新たに使えそうなポイントもいくつか見つけました。
また、コースのレイアウト自体の変更で以前のような表現が難しいかも…と思わせるようなコーナーもちらほらと。

まぁなんだかんだいって鈴鹿は好きだけど、写真を撮影する自分としては結構苦手なサーキットでもあります。
細かい研究が出来てないからホントに難しいです。

とりあえずへったくそですが、昨日撮った写真を昔みたいに何点か載せていきます。
※クリックで拡大です。



OR9O9263bb.jpg
こういう車でこういう色で、この時期の芝を見るとついヨーロッパを想像しちゃうよね。

OR9O9834b.jpg

OR9O0123b.jpg
失敗カットだけど。イメージとして。シロツメグサの花などを前景に入れて季節感を出したかったんです…。
OR9O9754-Editb.jpg
なんか葉っぱの隙間を狙うのが流行ってるみたいなので真似して初めて撮ってみました。むずいね…。
OR9O0355b.jpg

OR9O0368b.jpg

ちょっくら休憩をしようとヘアピンについた途端あれよあれよと目の前で4台がコースアウト&クラッシュ。不思議な体験でした。
OR9O0404b.jpg

OR9O0420-Editb.jpg

OR9O0428-Editb.jpg

S耐に来るとZ4ばかり撮っちゃうってのは自分だけじゃないはず…だよね?

OR9O0490b.jpg

OR9O0500b.jpg

あの古いピット&パドック、グラスタが好きだった自分としては近代化はちと寂しい。

OR9O0562b.jpg

OR9O0612b.jpg
このシケイン周辺の複雑なラインを活かした写真ってのをしばらくの課題として見つめて行きたいですね。

OR9O0664b.jpg
妙にしっかりと整った写真。なんか気持ち悪いな。

OR9O0685-Editb.jpg
夕陽が奇麗でね。たまにはこういう落ちついた写真でもと撮ってみました。


はい、こんな感じです。
やっぱり難しいよね。

こんなんじゃ…

今回のイメージとしては新緑をうまく使うこと。
モータースポーツに関しては写真も基本ヨーロッパかぶれなんで、日本を意識させないように撮影をしてみました。

久々ということもあって四苦八苦。
結構しんどかったです。
でも、懐かしい感覚でとっても楽しかった。

気分としては07年に近い。
去年は撮影に行ってたけど心と体に余裕が無かったから。
今年は体は余裕無いけどまだ、心はずいぶん楽。

一区切りついて、再スタートという気持ちが楽にさせているように思う。

それにしても引き出しがほしいなー。
今の会社で色んなこと経験していつか辿り着いてみせるよ。

そのためにはこんなんじゃ絶対ダメだ。
もう一度技術と感性を磨き直そう。

知識も…必要さ。
日々勉強。

がんばろう。

■2009JPS展・展示会場・会期予定

東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)



最近のこと

みなさん、こんにちわ。
お元気ですか? 僕はまぁまぁです。
最近やっとこさネットが繋がったんでちょこちょこ暇があればまた更新しますね。

さて、販売店研修も終わり、今日からいよいよ本社内の各部を廻る研修が開始です。
僕の班は今週は校閲。
昨年、雑誌の編集者として働いていた時に校正をやっていたこともありちょっぴりではありますが経験が活きています。
まぁ校正記号とか、ミスを見つけるのがちょっと上手くらいのレベルですけど。


きょうは最近の出来事をいくつか紹介します。

*賞をもらいました*

以前からお知らせしていたようにJPS展でヤングアイ奨励賞というものを頂きました。
表彰式では壇上に上がったり、祝賀パーティーでも壇上に上がってお話ししたりと慣れないことをするとちょっと疲れますね。
しかし、色々な方とお話し出来てとてもいい勉強になりました。
少しだけ学生気分に戻って…。
これで、僕自身の大学生活に関わることは完全に終了です。
最後にこういった形で置き土産を残せたのは良かったね。
*資格を取りました*
資格を取ったんです。しかも国家資格ですよ!!まぁといっても会社の研修の一環として取得したのですが。第三級陸上特殊無線技士」ってやつです。タクシー無線とか空港無線に使われる資格ですね。朝9時から15時くらいまで「法規」と「無線工学」という講義を聞いた後、試験。それぞれ60点以上で合格です。正直、自分は睡魔との戦いで「無線工学」に関しては絶望的だったので受かってよかったです。なにしろ、我が社ではここ数年落ちた人がいないというからもうプレッシャーですよ。これで履歴書に書くことが増えました。無線かぁ…。

*そろそろ始動…か?*

今年に入ってほとんど写真を撮れてません。
スポーツイベントにも顔を出してません。
しかし、そろそろ心を入れ替えて始動しようと思っています。

手始めにこの間は同期3人で名古屋から東京まで車を飛ばして六大学の早慶戦を観戦してきました。
相変わらずの熱狂。今まで撮る側でしたが観客として行くのはとても楽しかったです。
早稲田側で隣の人と「紺碧の空」歌って完全にリフレッシュ。

今週の日曜は睡眠時間2時間、夜勤明けの強行スケジュールで鈴鹿。
来週の土曜は秩父宮へU20世界ラグビー選手権を撮りに行こうかと計画中。
翌日は鈴鹿。
翌週もまた秩父宮。
いやマジで、ヤバいよね。社会人になったら休みの日の撮影がこんなに難しいものだとは思わなかった。
精神面、体力面で劣っているからついつい休みの日は「休み」に充てちゃう。

体調管理も社会人の仕事だけど一度自分をシバキ上げようかと目論んでます。
鈍ってるから。
写真に関してはドMが身上。
心と体をぶっ潰します。

*辞令*
6月1日付けで辞令を頂きました。4月に入社した時点では「管理局」という部署の所属だったのですが6月からは異動です。僕に言い渡された新しい部署は
「名古屋本社編集局写真部」
そう!6月1日からついに写真部所属となりました☆他の編集のみんなはまだ部署は編集局止まりですが、一足お先に配属です。といっても、これから2ヶ月間は今まで通り他のみんなと同じ研修だし、実際にどこの地方にいくか決まるのは次の8月1日付けでの発表。でもとりあえず写真部という名前を頂けたのは嬉しいね。

まぁ今のところこんな感じです。
社会人になったみなさん、まだまだ学生時代がとっても恋しいですがガンバルンバでやっていきましょう
(^o^)/

■2009JPS展・展示会場・会期予定
  東京都写真美術館(恵比寿)・・・2009年5月23日(土)~6月 7日(日)
 広島市アステールプラザ・・・・2009年6月12日(金)~6月18日(木)
 愛知県美術館ギャラリー・・・・2009年7月 7日(火)~7月12日(日)
 京都市美術館・・・・・・・・ 2009年10月6日(火)~10月11日(日)



プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。