スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静の美

「先輩の写真は静か」

先日、久々に再会した後輩が僕の写真を見て言ってくれた言葉。
写真を始めてたかだか数年。
でも最近、自分の写真の持つ特性が少しわかってきたように思う。

技術的な話で言えば、スタジオ系であったり、人物を撮るような写真は苦手。
でもこれは技術的な問題だから今後、改善する余地は十分にある。

問題は写真の中身自体の方。
僕は以前からどうしても、泥臭いであったりインパクトのある写真が撮れないでいる。

そもそもの僕の意識下において写真というのは報道分野は別として、被写体に対する撮影者の内面を色濃く反映した結果の産物であるという考えがある。

僕はモータースポーツを含め、多くのスポーツにおいて泥臭い場面やインパクトのある出来事にあまり美意識を感じないということが大きく僕自身の写真に影響しているのだと思う。

周囲との調和によって生まれ出る美、激しい動きの中で見せる一瞬の輝き。
そういったところに僕は美を感じる。
いわば「静の美」とでも言うべきか。

だからどうしても僕はインパクトのある写真であったり、泥臭い写真が撮れないんだと思う。
撮ろうとしないんだと思う。

もちろん、仕事となれば撮るんだけど。
あまり趣味ではない。

人は誰でも強い部分、表の部分を見てほしい生き物だ。
裏側で努力する姿や涙する姿は出来れば見られたくない。

そういう普段見えないところを写真で撮るからその写真は意味や価値を持ってくる。
でもせっかく被写体を写真に撮って多くの人に伝えるなら、価値云々は抜きにして僕はやっぱり輝いている部分を撮影したいと思う。

写真に関わらずプロは結果が全て。
輝く瞬間というのは努力した結果が果たされた瞬間でもある。

一写真人としてはこういう瞬間に重きを置いて撮影をしたいと思っている。
だからもし複数の写真で僕の作品を構成する場合は泥臭い写真やインパクトのある写真は全体の1割、多くても2割ほどであくまでもメインではなく添え物的な役割になることだろう。
自分としてはやはり入れようと思わないが、一般的な見る人のことを考えれば入れた方が無難だと思う。
「調和」は大事だ。

ここで一つ疑問が浮かんできた。
スポーツというのは激しい動きがあるからこそスポーツなのだが、もしかすると僕の「静」への意識はスポーツ写真を撮影する者にとっては好ましくない考えなのだろうか?
激しい動きを表現してこそ「スポーツ写真」なのだろうか。

今の自分にはまだわからない課題だ。

でも僕にとっては初めて生まれた自分のスタイル。
自分の写真。
しばらくはこのスタイルを育てていこうと思う。
OR9O4725-Editb.jpg


明日から3月。

頭は社会人モードに切り替わりつつある。
心は半々。まだ学生でいたい気持ちと春からの生活に期待している気持ちが混在中。
体は…まだ寝ている。

2月は逃げたな。

学生ブログランキング参加中
スポンサーサイト

卒展終了

今日は久々に、普通の一日。
昨日まで怒濤の6日連続呑み会という体に非常に悪い日々を過ごしてきましたが今日は休肝日です。

さて今更ですが、日曜日の卒展終了をもちまして僕の大学生活がほぼ終了しました。
3日間の開催期間中には6000人を超えるお客さんが来場し、僕個人としても様々な人にお会いし、話をすることが出来たのがとても嬉しく思っています。

嬉しい誤算としては、もう使わなくなるからと大量に置いておいた僕の大学生時代の名刺が相当数減っていたこと。
少しでも来場者に名前を覚えていただいているのであれば嬉しいな…。

それにしてもこれでいよいよ卒業式を残すのみとなりました。

あっという間だったなぁ…。
寂しいけど、別れっていうのは必然だし。
仕方ないか。

引っ越しとかの手続きとかもそろそろ考えださないといけないし。
やることはいっぱいあるんだよ。

卒業まで残り一ヶ月だけど、もうちょっと伸ばしてーなんて思ってもまたダラダラとした日々が続くだけだろうから残り一ヶ月は残り一ヶ月として過ごすしか無いよな。

んで、4月から社会人。
研修やって、現場に出てたらもう2年目。
来年は後輩が入ってくる。
後輩に舐められないように今年の1年はなんとかしがみつこう。

最近いっぱいもらったチョコを食べてるせいか、飲み過ぎのせいか太った気がします。
来週は名古屋で健康診断なのでイヤーンな感じ。

あーあ、時間はのんびりとしてるのに確実に近づいてきてるんだな…。
不思議。

学生ブログランキング参加中

東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展2009 *開催のお知らせ

みなさんこんにちわ。
今日はちょっとお知らせです。

前々から言っていました、ウチの大学の卒業展がいよいよ明日から開催されます。
ウチの大学で学祭をしのぐ最大のイベントである芸術学部卒業・大学院修了制作展。
場所は例年通り、六本木ヒルズ。


詳しい日時場所などは一番最後に書いておきます。

いやー、それにしてもついにというかやっとというかこの展示にたどり着きましたよ。
なにしろこの展示を行って卒業がほぼ決まりますから。
4年間の最後のイベントです。

先日開催された富士フォト展は正直自分の手応えはイマイチ。
写真の色はめちゃくちゃおかしいわなんやらかんやらで個人的にはぶっちゃけ展示していて本当に恥ずかしい内容だったからなおさら…ね。

だから前にも書いたと思うけど今回の展示は前回と総入れ替え+α
前回使った写真が使えないって言うのもあって毎回制限が何かとつく展示だけど自分が今考えうる中ではベストを尽くす感じです。

展示する写真などについては展示が終わって一段落した頃に載せる予定です。

前回の写真展では、写真学科の一部しか展示がありませんでしたが今回は写真学科4年生&院生はもちろんのことデザインや映像、その他芸術学部の全員の展示が見れますのでボリュームは抜群。

毎年大混雑。
この時期の隠れ人気イベントとなってます。
学生の自分ですら毎年全部見切れないくらいですから。

芸術とかアートとかわかんないという人でも楽しめます。
何も考えずに眺めてるだけで「ててん!」みたいなひらめきを感じられるはずです。
イメージとしては文化庁メディア芸術祭の学生版みたいな感じです。

是非遊びにきてください。

ちなみに僕の展示場所は写真学科スペースでも裏の方で結構地味にひっそり展示する予定です(笑)
先日届いた写真集もおいておきます。
2008年に学校に提出した写真は全作品、提出しなかった写真も数点、更に2007年に撮影した写真も数点収録し45点くらい載せてます。
こちらもお楽しみに。

僕は色々用事もあり、3日間とも会場にいる予定なのでよかったら声かけてお話しさせてください(笑)
入り口でもらえる厚めの冊子に顔入りで紹介されてると思うんで!!

今日からまた数日忙しくなりそうだぜ。

東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展2009

開催日
2009年2月20日(金)、21日(土)、22日(日)

開催場所
写真学科:六本木アカデミーヒルズ40
映像学科:六本木アカデミーヒルズ40
東京工芸大学芸術情報館
デザイン学科:六本木アカデミーヒルズ40

メディアアート表現学科:六本木アカデミーヒルズ40
アニメーション学科:六本木アカデミーヒルズ40

大学院芸術学研究科:六本木アカデミーヒルズ40
東京工芸大学芸術情報館 (映像メディア領域)

開催時間
六本木アカデミーヒルズ40 
2月20日[金] 14:00~20:00
2月21日[土] 10:00~20:00
2月22日[日] 10:00~16:00

東京工芸大学芸術情報館
2月20日[金] 11:00~20:00
2月21日[土] 10:00~20:00
2月22日[日] 10:00~17:30

ichinose.jpg
(c)一瀬皓コ(博士前期課程アニメーションメディア領域2年)


学生ブログランキング参加中

雑記→ヒマー

とても暖かかった週末とは打って変わりまた寒い日々が戻ってきました。
三寒四温ってやつですね。

土曜日は横浜へ報道写真展を見に行き、日曜日は高校の友人と靖国神社へおはらいへ。
今年は厄年ですからね。
昨年は前厄で行きました。
来年は後厄です。
来年も友人と行けるといいな…

その友人と表参道で見つけたアンコウ鍋のお店はなかなかの掘り出し物。
今度別の人も誘ってみたいです。

そう言えば自費出版なんですけど、写真集を作ってみました。
3冊限定です。
mybookというサービスを使い、自分でデザインからレイアウトし発注していた写真集が予定より早く届きました。
280dpiということから印刷、紙質はイマイチですが、総合的にはかねがねこんなもんかなという感じ。
色もまあまあ。
点をつけるなら55点くらいって感じです。
初めてなので他のものと比較出来ないですけど。
webでも公開出来るサービスが魅力なのですが僕の写真集の場合肖像権的にまずいらしくNGでした。

一応この写真集は展示の際においておく予定なのでよかったらご覧ください。

今週は珍しく暇で、本当は富士スピードウェイのフォーミュラニッポンのテストにでも行こうかと思っていましたがバイクも無いし車も無いってことで脚が無く諦めることに。
家の外に出てもやることが無いので、久々に引きこもってみました。

もっぱらやっていたことと言えば、イギリス国営放送BBCTOP GEARを垂れ流しダラダラと観賞。

TOP GEARといえば車好きにはおなじみの番組。
ジェレミージェームズリチャードの三人組が行うお馬鹿企画が毎回楽しくてね。

日本で自動車の批評番組と言えばカーグラフィックTVだけど絶対的にテイストが違う。
TOP GEARは国営放送(日本で言うNHK)の番組ということもあってスポンサーに左右されなく、ダメ車はダメ、イイ車はイイとぶった切る。
国内の自動車産業が壊滅してるからこそ出来るのかもしれないけど…。

しかも国営放送なのにも関わらず毎回、CMかと見紛うばかりの非常にハイセンスな映像で車たちを魅せてくれる。
いやー、楽しいね。
DVDBOXで出ないのかなー。

それにしても暇なんです。
本来なら卒業旅行とかに行ってるんだろうけど、脚が悪いこの状態だから海外には行く気にならないし…。

あーあ、京都とか奈良とかのんびり仏閣巡りでもしてみるか?

そういえば最近久々にWWE関連を見ていたんだけど最近はまた面白くなってる感じなのね。
若手も育って、中堅、ベテランもいい仕事。
DIVAが弱いのが痛いけど。
D-Generation Xはやっぱり最高ってことに変わりなし。
あの二人の絡みが最高にカッコいいや。

HHH
「Are you ready?」

「I said ARE YOU READY?」

「Then, for the thousands in attendance, and the millions watching at home.」

「Woooooooooo Let's get ready to suck it~!」

んで、HBK
「If you're not down with that, we got two words for yah!」

SUCK IT!

に繋がる流れは何度見てもポーズとともに真似しちゃいます。
是非また正式結成して定期的に活動してもらいたいですね。

今日はホントに最近お暇なのですよーって話でした。
海外の番組を見ながら英語を勉強してますが、難しいや。

OR9O2795-Edit.jpg


学生ブログランキング参加中

「東京工芸大学 芸術学部写真学科 作品展」での写真

みなさん、こんにちわ。
今日の東京はとても暖かく、春の訪れを予感させるような柔らかい空気が身を包んでくれました。

さて、12日まで行われていた写真展
「東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業制作選抜展」も無事に終わりいよいよ次の六本木ヒルズで開催される卒業展が最後となりました。
僕は10日、火曜日の受付だったんですがちょうど交代の時間直前にウチの大学のOBで、レースフォトグラファーの池之平昌信氏が来場なさって少しお話しすることが出来ました。

ラッキー☆


さて、先日友人に僕宛の写真の入った封筒が大学の研究室に届いているというメールを頂いたんですが全く心当たりがない自分。
もしかして僕の卒業制作が何らかの事情で戻ってきたのではないかと思っていましたが今日大学に行って確認してきました。

みなさん覚えてます?
昨年の6月に新宿のエプソンのギャラリーで展示した写真展。
「東京工芸大学 芸術学部写真学科 作品展」
あれの写真が返ってきてたんですね。

その封筒には一緒に渡しておいた写真データも返ってきたので今日はその写真を載せたいと思います。
なんか今更な感がありますが、当時来ることが出来なかった皆さんどうぞ!

ちなみに下から3番目のFCJの写真は、シャッタースピードが速くして撮ったように見えますが実はそこそこ遅くて1/20秒とかです。
こっちの方が時間の感覚を写真に混在出来そうだと考えた結果生まれた写真です



OR9O3545-Editc.jpg

OR9O1445-editb.jpg

OR9O0668-editb.jpg

OR9O1718-editb.jpg

OR9O0051-Editb.jpg

OR9O8283-editc.jpg



まぁ当然2007年、2008年前半の写真な訳ですが、一枚一枚見ていると当時の撮影シーンがビンビンに思い出してきちゃいますね。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
自分は写真が本当にヘタクソなので毎回ウンウンと唸り試行錯誤をしながら撮影しています。
そんな光景が頭に思い浮かぶ。懐かしい。


最近、少し時間が出来たこともあってPCに向かってはこの2年で撮った写真たちを楽しく眺めるのが日課となっています。

思考の整理学よろしく、ほどほどに頭の片隅に寝かしておいた写真を今見ると多くの発見に出会えます。
当時は無我夢中、無意識で偶然撮影出来た写真でも今見てみると普段の自分では思いつかない構図であったり、着目の面白さを感じることが出来、とても勉強になります。

温故知新。
常に前を見続け走り続けるだけでなく、自分を省みることって大事ですよね。
過去を否定しちゃいけません。過去は事実。それを糧にしてどのように進んで行くか。
難しいお話です。

よく年が明けてしばらくは前年の感覚が抜けないと思いますが、僕は未だに2007年の気分が抜けません。
それだけ僕にとって2007年は重要な年です。
確かに自分の環境が大きく動き、自分自身の成長を感じられたのは2008年であり今年は更なる発展を目指して頑張っていますが自分の中では2007年こそがすべての始まり。
レースの撮影を初めてした2006年は差詰め2007年への準備期間。

一年一年が独立した自分の人生ですがここにきて一本の繋がりが見え始めました。
この繋がりが今後どのような道へ続いているのかわかりません。
出来れば自分の希望へと繋がっていてくれると嬉しいんですが。

まぁ僕の持つ2007年への思いはまた後々。
今日は昔の写真展で使った写真を掲載してみました。

また機会があれば、色んな写真展での写真を掲載してみたいと思います。

それではまた。

学生ブログランキング参加中

写真展のお知らせ

みなさんこんばんわ。
退院して早くも2週間。
入院の2週間より早く感じる日常に違和感を感じています。

さて、今日は写真展のお知らせです。

あさって2月6日から12日まで六本木東京ミッドタウンにある
富士フィルムスクエア2F、富士フィルムフォトサロンにおきまして東京工芸大学 芸術学部写真学科 卒業制作選抜展が開催されます。

以下説明文
東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業制作選抜展
東京工芸大学芸術学部写真学科は、創立1923年(大正12年)に写真の技術と芸術表現の修得を目的として設立された小西写真専門学校を前身とする学科 です。
学生がそれぞれの研究テーマを形にするべく、一年間切磋琢磨しまとめあげた卒業制作約100作品の中から、33作品を選抜し展示致します。
是非ご高覧いただき、忌憚のないご意見を頂戴できれば幸いです。


僕の写真も半切サイズで6点展示される予定です。
卒業制作は26点の作品なんですが、そこから学校側が選んだ6点です。

残念というか毎年のことなので仕方がないことなんですけど、この展示内容には僕の意思が一切入る余地がないんですよね。
どういことかというと
展示場所、写真のサイズ、展示点数、写真のセレクト、そして写真の配置、全部学校側が決めちゃうということ。

個人的にはこの写真がいい、この並びでこの写真はここにこの大きさで、みたいな指示が原則的に出来ない。

学生の中からの選抜展だから選ばれるだけでも良いことなのかもしれないけど
何でこの写真を選んでくれないの?これは展示向けの写真じゃないんだけど、というものが含まれていて個人的にはテンションが上がりきっていないということも事実です。
スポンサーには逆らえないよねぇ。

でもでも写真展自体は見応えはあると思います!
みんなの力作が展示されてるから。

となりのスペースでは専門学校 東京ビジュアルアーツ2009卒業制作展も開催です。

一度でたくさんの写真が楽しめる展示となってます是非皆さん遊びにきてくださいね!


それからもう一つの展示のご紹介。
2月の20日から22日まで六本木ヒルズで東京工芸大学芸術学部卒業・大学院修了制作展2009が開催されます。

こちらは芸術学部全体の展示です。
詳しくはまた今度載せます。

こちらにも僕は出展しますが、写真は明後日から開催される写真展とは全部内容を変えてます。
なので両方見に来てくれれば僕の卒業制作の6割くらいが見れます(笑)

ショッピングがてらに六本木に遊びにきた際は皆さん是非ご覧になって行ってくださいね!!

OR9O2923.jpg

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。