スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光に行ってきました*年賀状*27日に福岡かえるよ!

みなさんこんばんわ。
先週の土日は大学の友人たちと栃木の方へ遊びに行って来ました。

IMG_7201.jpg

まずはトロッコに乗って足尾銅山の見学。
坑道の中はこんなかんじ。
IMG_7222.jpg

IMG_7262.jpg

IMG_7279.jpg


坑道のあちこちには人形がいっぱい設置してあって当時の採掘を再現してあった。
人形も撮ったけど不気味だから載せるのはやめときます。

その後は日光で2日かけてのんびりと観光。
ちなみに宿は鬼怒川温泉で温泉を堪能しました。

とりあえず日光の写真ズラズラズラーと置いて行きます。
今回は何も考えないようで考えているようで、やっぱり考えていない写真ばっかなのでスナップというか写真家としての癖というかそういうのが無意識の意識で混在した写真が多かったなーというのが自分の写真を見てみての印象でした。
OR9O73732.jpg

OR9O7367.jpg

OR9O7372.jpg

OR9O7383.jpg

OR9O7384.jpg

OR9O7394.jpg

OR9O7403.jpg

有名な猿ですね。なんつーか、中央の猿がとんでもない物を発見して絶句して両端の2頭が凄く怯えているようにしか僕には見えませんでした。ただ"見ざる"は多分真相を知っていると思う。だって口がにやけてるもん。

OR9O7412.jpg

OR9O7408.jpg

予備知識ほぼゼロで行ったんでこの象には驚いた。
確かに昔の本とか読んでいると当時、日本にも象が持ち込まれていたとは書いてあるけどこうやって300年以上昔の建物に象がいるってことはやっぱり珍しかったんだろうなぁ…。
動物園とかあったのかな…。
OR9O7422.jpg

OR9O7432.jpg

OR9O7434.jpg

OR9O7437.jpg

あちらこちらに配された狛犬がかわいい。

OR9O7449-Edit.jpg

OR9O7526.jpg

OR9O7533.jpg

OR9O7534-Edit.jpg

OR9O7570.jpg

OR9O7540-Edit.jpg


ま、こんな感じです。
個人的には最後に載せた像2体がかなりかっこ良くって撮る方としても気合い入れまくりでした。
それにしても全てにおいてそうなんだけど色彩の艶やかさに驚きですよ。
350年前の人たちの色彩センスは凄く派手。
あまりに斬新な派手過ぎてもう見てて飽きない。
これは参ったね。
一番印象に残ってるのは「鳴龍」天井に大きな龍が描かれているんだけど頭の部分以外で音を鳴らしても響かないんだけど、頭の下で鳴らすと響くんだ。
感動しちゃってさー。
1時間くらいだったら下にいても飽きないぜ。

実は日光東照宮以外にも写真は色々と撮ってるんだけどさ、今の時期にここに載せたらヤバメというか普通に怒られる写真とかがあるんで、それは後々。
モータースポーツ以外の写真ってほとんど撮ることないからこういう写真って結構自分としても楽しいんだよね。頭空っぽにしつつもそれなりに意識して撮る感覚が好き。

帰りは宇都宮で餃子を何店か一杯食べました。
安いのは嬉しかったけど、わざわざ宇都宮まで来て…ってレベルではなかったなぁというのが正直な感想。

のんびりと温泉に入って寺社仏閣を見ながら写真も撮る旅っていうのは本当に楽しいね。
低予算ながらもとても充実した2日間でした。

年賀状の話

そういえば皆さん年賀状書きましたか?
僕は書いてませーん(汗)
一応年賀状のデザインは出来たんだけど、色々忙しくてプリントまで至っていないのが現実なのよね。
福岡には27日に帰るから、実家にデータだけ持って帰ってプリントと宛名書きをやろうかと模索中。
だからちょっと遅れそう。
みなさんごめんなさい。

ちなみにデザインは2種類つくりました。
OR9O6437.jpg

OR9O6958.jpg

今年はカットアウト調のものを作ってみました。
一応紅白を強調してます。
別に丑年だから牛を入れようとも思わず…。

横位置のものは高橋選手。
来年からMoto GPにステップアップします。
めでたいなーというのとホンダのトリコロールの紅白部分がほどよく強調されてるので使ってみました。
縦位置のものもヘルメットの頭頂部に赤丸がなんかいい感じだったので採用。
それぞれ1時間くらいかけて吟味とデザインしてみました。

送るのは完全ランダムなのでどちらが当たるかはお楽しみ☆

とりあえずそんな感じです。
明日は軽く部屋の掃除などをしてみたいと思います。
あくまで軽く…

学生ブログランキング参加中



スポンサーサイト

卒業制作出しました。←苦言満載!*手術しまーす。

おひさしぶりです、こんばんわ。
先日、09年入社のマスコミ各社の内定者が一同に集まる会があり顔をだしてきました。
様々な方と色んな話が出来ていい経験になりました、幹事をはじめ皆さん本当にありがとうございました。

卒業制作と苦言

さて、やっとこさ卒業制作を提出しました。
やっとといっても提出時間は守りましたよ。
当然のことですから。
案の定遅れて提出する方が20名近くもいたらしい。
もっとも遅い人は4時間半も遅れて出したとか。

失笑ですよ。
出す方にも受け取る学校側にも。
こうなるだろうなとは思っていたけど期待を裏切らなさに失望。

学校側も育てる気はないのはわかってるから「学校」なんだからプロになっても恥ずかしくない「常識」くらい教えてあげてくださいよ。高い金授業料で受け取ってるんだから。

普通だったら受け取り拒否。
だって納期を守るのは社会人の常識ですから。

正直、遅れて提出した作品は自分だったら完全に評価対象外ですね。
だって遅れて出す人の思考って結局、どうせ遅れても学校は受け取ってくれるなんて舐めた考えで制作した作品でしょ?
遅れてでもクォリティが高い作品がいい、自分が納得しなくちゃ出せない。なんて言ってる人にも問いたいですけど、1年近く制作期間があって最後の数時間で上がるクォリティってなんですか?
結局自分の計画性の無さが招いた結果だし、たかが数時間でクォリティが上がるんであればそれまでの作品ってことだよね。

遅れて出した作品も選抜展の選考に同じラインで並べられて評価されるんであれば辞退しますよ。
そんなクソみたいな考えで作った作品と一緒に展示したくないし。

結局最後まで当たり前のことを当たり前にやるってことを教えてくれませんでしたね。
僕は大学を踏み台にしか考えてないですからいいですけど、大金を払ってる親たちからすれば残念な事実だと思うんだよね。
自由主義だけどほんとうにだらしないな…。

さーてグチグチ言ったけど僕の今年の作品はもちろんモータースポーツですよ。
昨年に比べ撮影枚数は1/6と激減したのでセレクトに苦労しました。
タイトルは「IRIDESCENCE」
意味は玉虫色とか虹色の輝きみたいな感じです。
自分のもつモータースポーツへの憧れみたいなものを込めた言葉です。

内容は今までのほぼノーレタッチの写真というわけではなく、かなーり加工してます。
コントラストが高い物から、POPなものまで。
レース写真を撮影してる方々からは叩かれるかもしれませんが、自分なりの結論の一つです。
モータースポーツを全くわからない人、興味が無い人にレースの写真を見せても反応を得られないorすごいねーくらいで終わることがほとんど。
これではモータースポーツに興味を持ってもらうことが出来ないと思い悩んできた結果作った作品です。
現代写真表現の流行をオマージュしてモータースポーツ写真に盛り込んでみました。
すこしでも興味や関心を持ってもらえるようにと思ってね。

09年の2月20日から22日まで六本木ヒルズで卒業展をやるので皆さん是非遊びにきてください♪
また、選抜展も2月の上旬にミッドタウンの富士フィルムフォトサロンで開催されるのでゼヒゼヒ!

手術します

僕のことを生で知ってる人は知ってると思うけど、僕は脚が悪い人です。
右膝なんですが3年前に痛めてそれ以来悪いまんまです。

先日、久々に半月板が膝の骨と骨の間にはまり込むロッキングという状態になり右足が実質麻痺?
脚の伸縮が利かなく半月板の圧迫により激痛が走りまともに歩行が出来ない状態になりました。

これが毎回だけど本当に痛くて、一歩歩くごとに激痛で顔が歪みます。
200m進むのに15分くらいかかります。
こういう経験もあり、自分は普通の人よりは脚の障害に関しては理解があるつもりです。
だって駅とか建物とかで困る場所とか見えてくるもん。

そんな悲惨な状況ってこともあり、荻窪にある日本でも有数のスポーツ医学の権威であり、巨人のチームドクターでもある増本項先生に看てもらったところかなり悪い状態であることが判明、すぐさま国際医療福祉大学附属三田病院前野晋一先生を紹介され、本日検診精密検査を受けに行ってきました。
前野先生は湘南ベルマーレのチームをドクターをされており、膝関節治療などでは有名な方。

結果は右膝内側半月板損傷、前十字靭帯消失。
靭帯が損傷とか断裂とか言う言葉は良く聞くけど消失ってどゆこと?
まー、3年も前に靭帯が切れてそのまんまにしてたからなくなっちゃたらしい。

通常なら歩行困難なレベルらしい。だって膝の関節を支える靭帯がそもそも無いんだから。
よくこんな状態で今まで10数キロの荷物背負って写真を撮りにサーキットを1日10キロ近く歩くスタイルを続けてたよなー。

脚がロッキングしたからといって病院に行けば治してくれる訳ではありません。
自然に半月板が衝撃などで元に戻るのを待つしか無い訳ですよね。
ちなみに今回は49時間でなおりました。
自分で間接をゴリゴリして外しました。
ベットで悶絶ですよ(笑)

ということで来年の1月9日手術しまーす。
半月板を縫うか除去した後に人口の靭帯を移植する手術らしいです。
人生初めての手術です。
こえー。
2週間で退院出来て、1ヶ月もすれば日常生活レベルに戻れるんだって。

スポーツをするにはさらに1年近くかかるみたいだけどスポーツからは実質もう引退してるからなー。

ちょうどね来年社会人だからそのまえに治すつもりだったんだよね。
来年の3月までで暇な時期は1月中旬から下旬、3月の上旬から中旬。

さすがに3月手術だとなおってすぐ社会人だから不安満点。
だからどっちみち1月の手術はラストチャンスだってわけ。
いいチャンスだね。

もし、この手術が成功して脚の不安が少しでも減ったらきっと今以上にいい写真が撮れると思うんだよなぁ。
だっていままではどんなにコンディションをよくしても80点満点。
それが95点くらいまで戻るんだから。
脚に不安を考えずに様々なポジションへと積極かつ、迅速に移動出来るはず。
不安定な場所でも脚に集中を持って行かれなくてファインダーに集中出来る。

レース写真に関してもそう。
ぼくの流し撮りのフォームは腰から両膝、足首指先までを柔らかくして回転しながら撮影するフォーム。
これまで膝で微妙にタイミングが狂うのを体全体でカバーしながら無理して撮ってたからそれが適正に戻れば様々なパターンへもより対応出来るようになると思う。

確かに手術は嫌だけど、長いカメラマン生命を考えたら必要なこと。
手術しないと40歳まですら持つ自信が無い。

ま、なんとかなるっしょ!
ということで皆さんガンガンお見舞いに遊びにきてね~☆

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。