スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタモータースポーツフェスティバル2007

今日はフジスピードウェイで行われたトヨタモータースポーツフェスティバル2007を見に行ってきました。
トヨタ主催のファン感謝祭です。
ファン感謝祭って何気に初めてだったので雰囲気を楽しませていただきました。
出店でグッズが格安で売られていたのにはちょっと驚き。

さて、トヨタのファンフェスタですが自分にとってのメインは今年で休止となるフォーミュラトヨタだったり…。
決勝がなんと朝の8時20分スタートだったので久々に超超早起きして向かいました。
いやー寒かった寒かった。

日が昇るまでは極寒。
さっき調べたら1度だったんだって。
だからバイクでの体感温度は氷点下だろって。

でも行く途中いいものも見れた。
月の入りって今まで見たことが無かったからちょっと感動した。

左に地平線から顔を見せる太陽
正面には赤く染まった富士山。
右には地平線に沈んで行く満月。

なかなか見れる光景じゃないよこれ。
早起きは三文の徳ですね。

レースの注目はなんと言っても三つ巴の最終決戦(今年は三つ巴が多いね)。

国本京佑がFCJとのWチャンピオンを決めるのか、はたまたここまで2連勝と勢いに乗るケイ・コッツォリーノが勢いそのままにチャンピオンをさらって行くのか、さらに井口卓人が大逆転を見せるのか。
3人はここまで2勝ずつと星を分け合い、さらに有効ポイント制もあいまってとにかくこの3人のうち誰かが勝てばそれでチャンピオンが決まるという、まさに勝ったもん勝ち。
非常に分かりやすい展開。

FCJのチャンピオンも大事だけどフォーミュラトヨタのチャンピオンはトヨタ勢のドライバーたちにとっては是が非でも欲しいタイトル。
何しろチャンピオンになれば翌年のF3でTOMS入りが決定するからね。

まー、レースが始まって色々ありました、スタートで井口がまさかのエンスト。
いつも冷静な走りをしている国本はトラブルでマシンを止める。
PPからのコッツォリーノは順調に後続との差を広げると思いきや残り2周でまさかのSC導入で差がなくなるなど。

見てる側としては熱くなる展開。
結果はコッツォリーノの優勝。
終盤怒濤の三連勝でチャンピオンを見事獲得。
OR9O3822.jpg

余談ですが彼のお父さんはイタリアンシェフとして有名なカルミネ・コッツォリーノ氏だったりします。
ですが当の彼はバリバリの日本生まれで心は当然日本人。
今後面白い人材になりそうです。

これでトヨタ勢としては国本とコッツォリーノという二人のチャンピオン誕生です。
来年のF3はどうなるんでしょうか?

関口とコッツォリーノがTOMSに入るだろうけど国本は?
目が離せませんね。

さて、実はこのレース失敗をやらかしましてガッツポーズを撮り損ねました。
レンズが明後日の方向を向いていたのに気づかず音はすれどマシンが見えない気がついたら目の前通り過ぎてました。
でも雰囲気からしてガッツポーズやってないような気がするんだよな…。

今日はどうもこうしたミスが多くて午前中にトヨタF1が4周だけデモランした際もレンズを変な方向に向けてて結局4周とも撮り逃したからね。
これはマジで凹んだー。

きっと知らず知らず気のゆるみがあったんだろうなぁ。

次のデモランまで頭の中は反省会で埋め尽くされたよ。
何がいけなかったのか、何をしたら改善されるかとかずっと考えてた。
午後はそれなりに撮れたから良かったけどさ。

でも最近なんかスランプっていうかどうもうまくいかない。
写真を撮ってるときは何かしら考えて撮ってるんだと思うんだけど家に帰って写真を見てみると
構図がひどいわ、フレーミングがズタズタだわ、何を考えてどういうところを意識して撮ったのかというのが伝わってこない。
ただただ目の前を走ってるものを撮っただけでしょ?って感じ。

なんなんだろうなー。
もっといろんな写真を見て表現の幅を広げないといけないよね。
来年の目標に一つ足しておこう。

今日の/^o^\フッジサーン
OR9O3951.jpg

初お目見え小林可夢偉のF1走行。もう少し上から撮ればメットが見えるのに…
OR9O4302.jpg

ハイブリッドマシーンとして生まれ変わり今年の十勝24時間を圧倒したDENSO SARD SUPRA HV-R
モーターで走っているときの音の静かさにはサーキット中が唖然となりました。
OR9O4284.jpg


さーてFT最終戦も終わったということでこれで年内のレースはいよいよおしまい。
色々あったけど思うことはまた別の機会にまとめて書こうと思います。

一応年内は来週のニスモフェスティバルでモータースポーツの撮影はおしまいかな?
来週のニスモフェスタは友達とのんびり楽しみながら写真を撮りたいと思ってます。

学生ブログランキング参加中

スポンサーサイト

模擬面接とか買い物とかっていうか雑談

昨日は大学の就職課が企画した模擬面接を受けました。
あんまり乗り気ではなかったのですが練習って感じで受けてみました。

数名の班に分かれ、一人の面接風景を見て、直した方がいいところを書いていくって形式で一人一人やった訳ですけど、緊張したー。

頭では纏まっていることが口を使って言葉に変換すると見るも無惨に崩れて行く。
なんだこりゃ。

これは練習が必要だなと実感させられました。
まずは考えを言語化した際に劣化を防ぐためにも言いたいことを紙に文字を使って書いてみようと思います。

出来れば原稿用紙1枚程度にまとめながらという感じで。

今のキャンパスにいる3年生は多分300人くらいいるんだけど今回の模擬面接を受けたのって恐らく30人くらいなんだよね。
少ないよなー。

ま、人それぞれか。

最近ちょこちょこ買い物をしています。
写真に関するものではなくもっぱら冬服などが大半。
ここ数日、凄く寒くって昨日は六本木で雪が降ったとか。

そういうこともあって防寒系の服を買ってます。
中でもおすすめなのがユニクロで言うところのヒートテック系の衣料。
汗をすって熱に変えるという機構を持った衣料ね。

自分もダサイのを承知で股引を買いました。
だってバイクに乗ってると下半身が冷えてしょうがないんだもん。
上半身は着込むけれど下半身はよく考えるとズボン一枚だからね寒いよそりゃ。

明日はフジの方へ朝一で行こうと考えていますが通過する時間帯のここ数日の気温は0度だって。
バイクでの体感温度は確実に氷点下でしょ。

日曜日はフジスピードウェイでトヨタのファンフェスタがあるのですが明日はどうも聞いたところによるとFTの予選とリハーサルしか行われない模様でチケットが使えず入場料がとられるらしい。

えーどうしよう?って考え中です。
もしかすると明日は家で作品作りを少しやるかもしれません。
来週の火曜日に作品面談なのに全然前回から作ってないんで。

無論、面談用の作品なので最終課題で実際に用いるものとは別のものを用意します。
つまりはフェイク(笑)

正直あんまり人に見られたくないんで…。

作品と言えば今週はコマーシャルフォトという授業の課題提出でした。
前の日まで落とそうかどうか考えながらも課題の作品を作り提出しました。

ウチの大学は広告写真、芸術写真という分野に力を入れていますので課題も必然的にそちらのものが多くなります。
動体撮影なんて全くありません(笑)

広告写真の課題も今年に入って既に何度か出ましたけど、自分はひたすらモータースポーツに関わる作品を提出してます。
またかよって周りも思ってそうですけどなんか意地で出してます。
今回もモータースポーツでやらせていただきました。
テーマは確か
「共通項を持ちながらもAとBという相反する物を同一画面上に配し、何かをコマーシャルせよ。」
honda-advertise.jpg
ということで今回はホンダさんの広告を作ってみました。
2輪と4輪で世界のトップに挑戦してる企業はホンダさんだけですからね。
そういうところを意識して作ってみました。
いつも載せてる写真よりも今回は大きく横幅800pixel。

さー、明日はどうしましょ。
作品作りに集中すべきかな?

わかんないや。

それじゃまた日曜の夜に!
ΒΥΕ.._〆('Д'*⊂⌒`つ

学生ブログランキング参加中

2007年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第9戦&第54回マカオGP

今週末は鈴鹿サーキットで行われていたフォーミュラニッポンの最終戦を見に行ってきました。

アメリカンモータースポーツ界の大物、トニー・カナーンの電撃参戦に加えチャンピオン争いは三つ巴という、もー行かなくちゃ駄目っしょ?って感じで大きなレースは年内最後ということもあって行ってきました。

一応まだレースは年内はあと1レース残ってるけど実質自分にとっては年内最終戦。

ちょっとばかし気合いも入れ夜行バスに揺られてブンブン参上!

っていうか寒いよー。
もう秋服に少し温かい上着を着て行っただけだったから寒い寒い。

三重のすぐ上の岐阜じゃ雪の予報とか出てたからね。
もう冬だね冬。

気温が低かったから予選に注目してたんだけど案の定コースレコード連発。
1分41秒をみんな切る切る!
下手したら39秒台へ突入じゃないの?って期待も出たほど。
39秒ってちょっと前のF1かって感じでFポンも意外にやるじゃないの♪

寒いぜ寒いぜと凍えながらの2日間。

ぶっちゃけ鈴鹿はほとんどデータを持っていなかったから来年以降に活かすためにも今回はデータ集めが大きな目的。

あっちへこっちへと歩き回ったので足がパンパンパン。

レースの方はカナーンの走りを見に来るモータースポーツファンの方が多かったのか、F1ばりの三つ巴の最終決戦を結末を生で見届けたいと思った人が多かったのかいつものFポンと比べて明らかに人の出が多い。
1.5倍はいたんじゃないかな?
グラスタも結構埋まってたし自由席にも人がたくさんいた。

いいことだよね!

さー、そうして始まった決勝は勝つしかない小暮さんがトップで走り続ける。
OR9O2738.jpg


2位にランキングトップのブノワ、3位には小暮のチームメイト、デュバル。
デュバルがブノワをかわせば小暮さんのチャンピオンが確定。

しかーし両者は33周目に接触!
130Rでの大クラッシュ。

実は…あの現場生で見ました。
ちょうどヘアピンから逆バンクへ続く地下道へ移動するため130Rを通っていて、130Rは車のスピード速いのにカメラマンがいっぱい居てみんな凄いなぁと歩いているとピエールが接触ー!と叫び声。

誰何処?と思ってふと立ち止まって130Rをちらりと見ると凄い音とともにブノワとデュバルが飛び出してきて大クラッシュ。
OR9O3583.jpg

うっわー、ブノワの車バリアの下に入っちゃったけど大丈夫?と心配してるとブノワが手を挙げて出てきたので一安心。

夏の鈴鹿もそうだったけどブノワは今年は鈴鹿に嫌われすぎだよね…

さー、これで小暮のチャンピオン確定だ!って感じで逆バンクで正面から小暮さんのガッツポーズを撮ろうと思って移動中にいつもお世話になってる方にお会いして金網越しに挨拶と近況報告。

そしていよいよチャンピオン決定のとき、小暮さん来た!
アルェ?(・3・)
小暮さんはちっちゃくガッツポーズ。もっと大きなアクション期待してたんだけどな…
もしかしたらヘアピンとかスプーンとかでは喜び爆発しちゃってたのかな?

まぁガッツポーズって運だけど読みが必要だよね。
データ不足露呈。

そして今回電撃参戦のカナーンはラップダウンしないで無事入賞。
OR9O3703.jpg

今は亡きセナとのエピソードもあって少し感慨深げ。
Fポンのマシンに木曜日に初めて乗ったというのに入賞するのはやっぱり実力がずば抜けてるんだなと。
これでオーバルドライバーはロードでも速いということが証明されたということだね。

あー、今年もFポンお疲れさま。
今年は5戦ほど見に行ったけど来年はもっと見に行きたいな…と思って家に帰ってFポンのサイトを見て唖然。

もう疲れてるのにも関わらずえぇー!って叫んじゃったもん。
なんぞこれー(笑)
優勝した小暮さんがスキッドブロック違反でまさかの失格。

本山さんが繰り上がり今年鈴鹿で負けなしの3勝目。
OR9O3545.jpg


そしてチャンピオンは松田さんが大逆転チャンピオン!
うわぁ…なんだこれ。

今週末絶不調でもはや誰もがチャンピオン争いから脱落したもんだとおもってたらこれですよ。

自分も今週末は小暮さん、ブノワ、カナーンをメインで撮ってて松田さんは3人に比べるとあんまり撮ってない失態…(汗)
OR9O2825.jpg

まさかの未勝利チャンピオンとか誰が予想したことでしょう?
ポイントシステムはF1とおんなじ。
ということはF1でも近い将来未勝利チャンピオンが生まれる時が来るかもってことだよね?

改めてこのポイントシステムの問題点が露呈した結果になりました。
この結果はグダグダだよ…

なんか一気に家に帰ってきて脱力感。
来年はどうなるFポン。

でも元気になるニュースもありました。
なにかって?
もちろんマカオGPに決まってるじゃん!

結果が楽しみで家に帰るまで見ないと決めてたので結果を見たときには
ナンゾコレ---(・∀・)---!!

1 Oliver JARVIS GBR Team Reckless Tom's 15
2 Kodai TSUKAKOSHI JPN Manor Motorsport 15
3 Kazuya OSHIMA JPN Team Reckless Tom's 15

全日本勢が表彰台独占とか
うはって顔がにんまりしちゃったじゃないか。
しかも愛しのジャービスが優勝!
来年は日本でFポンとGTに出たいですって夏頃言ってたけどさもう上目指そうぜ上!
F1行こうよ♪

しかもリザルトをよく見ると

4 Marko ASMER EST Hitech Racing 15
5 Robert STREIT BRA Prema Powerteam 15

4位のアスマーは今年のイギリスF3チャンピオンだけど全日本にも去年今年とエントリしてるし
5位のストレイトも全日本ではベテラン。

つまりF3世界頂上決戦で1~5位を全日本勢が独占したことになるよね。
これは大快挙だよ。
98年に伊藤さんが日本人として初めて表彰台にあがって01年に日本の三銃士が各国のF3チャンピオンを獲得してマカオで琢磨が日本人初優勝。
そしてこれだよ。

これってニュースの一面に載っていいくらいの快挙だと思うんだよね。
日本のモータースポーツ史に燦々と輝く1P追加!

さんざん全日本F3は参加台数がめちゃくちゃ少ないから外国と比べてもレベルは低いんじゃないの?って言い続けてた連中ざまーみろ!

リザルト見た瞬間おもわず涙出てきたんですけど。
もうみんなまとめてF3卒業だ!

来年は大学卒業記念にマカオGPに行きたいな…とか思ってたけど今年行けば良かったぜ。

来年から全日本F3はAクラスとBクラスが出来てヨーロッパ風に参加台数も増えるけど海外の有力ドライバーも今年のマカオの結果を見てぜひ全日本F3に来てほしい。

そしてそこからFポンにあがって是非F1を狙ってくれ♪
GP2アジアに負けてたまるか。

いや、Fポンのグダグダを見た後だったから、思わずテンションがあがっちゃった。

今シーズンの終わりにとってもいいニュースが届いて心も頭も大騒ぎ。
ビックレースはこれで今年は撮り納め。

一応レースとしては後はFTの最終戦を撮りに行こうと思います。

車の写真は今週末のトヨタのファンフェスと、来週のニスモのファンフェスを予定してます。
ホンダのファンフェスはもてぎのいろんなところでいろんなことを同時にやってるので全部回れそうにないのでパスです。
まぁトヨタのファンフェスで3連チャンって言うのもネックかな?

FTは本気で撮りますがトヨタやニスモのファンフェスで走る車については楽しみながら撮りたいと思います。

改めてジャービス、本当におめでとう☆

学生ブログランキング参加中


スーパー耐久シリーズ2007 第7戦

今日はツインリンクもてぎで行われているスーパー耐久第7戦を見に行って来ました。
スーパー耐久とは市販車のオリジナリティを重視した『ファインチューニングマシーン』によるレースシリーズのことらしいです。
要は市販車ベースに改造を加えたマシンたちで競うレースって感じ?

なんだかんだいって自分も今日が初観戦♪

しっかし、今日はいろんな意味で疲れたわー。

天気予報では雨のち晴れ。
雨雲予報を見てみるとうまく雨をかわしながら辿り着けそう。
実際、道程はウェット路面でこそあれ雨に遭わず辿り着くことが出来た。
ラッキー☆

と、このときは思っていた。

しかーし今日はもう雨、雨、

午前中や昼休みは小降り。
まぁ天気予報でも雨って言ってたからいいや、午後は晴れるんだし。
午前はウェット、午後は太陽光、一日で両方撮れるなんて好都合とばかりに意気込んでたものの雨なんだよねー。

雨って言ったってどんだけ?っ思うかもしれませんが…

雨の影響でセーフティカーが3回入りました。

モータースポーツ好きの方ならこのフレーズ聞いただけでウゲェって思うはず(笑)
3回も入ったってことなので4時間レースのうち3時間は大雨でした。

午後は晴れって聞いていたのでレインコートは当然持っていなくビッショリ。
この時期の雨に曝されるって結構つらいです。
当然、レース2時間半過ぎた頃からちょっとフラフラ。
集中力が吹っ飛び写真もだらしがないものを連発。

もう帰るか?帰ろうぜ!と頭で誰かがささやくが負けないぜ!心を落ち着かせて残りを乗り切った。

最後の1時間は雨も止み曇り空と暗がりの混じる中で撮影でした。

いやー、耐久レースはいつも思うけどいいね。
正直言うと耐久レースはルマン以外は見る分には個人的には苦手なんだけど、写真撮る分にはすごくいい。
なんせ短くても普通のレースの倍はあるから写真がいっぱい撮れる。
普段は時間がないからと守りに入っちゃって撮らないような場所、撮らないカットがどんどん試すことが出来る。
車もいつも見てるものとは違うものが多いから新鮮。

だから耐久レースは好き。

でも最近の日本の耐久レースはあんまり人気がないのが残念。
JLMCもそうだけどお客さんが入らないんだよね。

のんびりとレースを見ながら休日を過ごすにはうってつけのレースなのに…


それにしてもまさか以前から言っていたレースの間の雨は大丈夫、だけど往復中は勘弁してくれっていうのが実現するとは思ってませんでした。
これはこれで結構きついことがわかりました。

と思ったら?
アマーイ!

もーここからが最悪。
ここからは帰りの話になるんだけどね…
夜は晴れますって天気予報が出てて、実際サーキットでの雨もやんだから帰りはずぶ濡れの服で寒がりつつバイクに乗って乾かしながら帰れると思っていたら帰りの道程は雨が降ったりやんだりの連続。
しかも"降ったり"の時はもれなく土砂降り。
あーもうベチャベチャ。
バイザーは水滴でビッシリ、路面のライトによる反射と暗闇ではっきり言って前は全く見えません。
前の車のテールランプについていくだけであとは勘。
おまけにタイヤのグリップがないからリアもフロントも滑る滑る。
怖いのなんのって。

本気で涙。

一番冷や汗ものだったのが家も近くなった山手通り。
80km/hくらいで走行中、車線変更したときに一瞬車体が浮いた、着地したところはそこそこ深い水たまり。
当然グリップしないからマシンが右に傾いたまま変な形になったまま滑る。
目の前は赤信号で止まってる車。

あーもう事故っていいや(←不謹慎)って覚悟を決めたときにとっさに右足が動き土踏まずを滑る路面にむかって思いっきり蹴った!
そしたらうまく車体のバランスが戻りうまく止まれた。

足を動かそうと思ったことはない、勝手に動いた。
初めてのことなんで立て直す術なんて知らないのにとっさに無意識で足がバランスを立て直す行動をとったことにも驚きだけど、80km/hで走行中に足を地面に叩き付けて足がノーダメっていうのには驚き。

普通足が巻き込まれたり引きずられたりすごいダメージ受けるはずなのに。
これが火事場の馬鹿力ってやつか…

ただでさえ往復のバイクと雨の中の撮影で疲労してるのにもう水を吸って服が重くてリュックも重くて、帰ってきたらバタンQ。
体がガタガタ震えていたので暖房入れてお風呂に入ってマッタリ。

今日は今までの経験した中での雨記録更新。
でも同時に経験もプラスされた。

大きく見ると今日はマイナスな日だけど、見るべき所はサーキット内での行動のみなので、これはやっぱりプラスでしかない。

このプラスはすべてのマイナスを覆してなおプラスにしてくれる。
だから毎週やっていける。

もし今日途中で帰っていたら来週の鈴鹿は絶対に行っちゃいけなかったんだと思う。
でも今日はヘタレ根性で最後まで残ったので鈴鹿には行こうと思います。

でもまだ宿とってないや…

↓今日のいくつか。
OR9O1787.jpg

1519.jpg

OR9O1942.jpg


なんつーか、雨の表現って難しいよね。
うまく表現できない。
まだまだ研究中。

学生ブログランキング参加中

第40回東京モーターショー 2007

今日は朝から友達と幕張メッセで行われている東京モーターショーに遊びにいってきました。
2年に1度開催されている東京モーターショー。
前回は行かなかったため何気に人生初めてのモーターショーです。

今月は学祭やら入試やらの関係で大学の休みがかなり多いです。

着いてまず驚いたのが人の多さ。
平日なのにも関わらず駅から列ができている。

それについていきチケットを買って最初に入ったのがバイク・トラックの展示しているエリア。
会場に入るとそこは別世界。
最初は今日はあんまり写真も撮らずにのんびりと見て回ろうとか思ってましたが、あまりの雰囲気についメラメラっといつものテンションになっちゃってバシバシ撮っちゃいました。
OR9O0245.jpg

OR9O0295.jpg


もう素晴らしい世界ですね。
キラビやかで美しい車体が所狭しと並べられている。

機能美萌えな自分は今日だけでカッコいいとか美しいとか可愛いという単語を何度言ったかわからないくらいです。
ぶっちゃけ住みたいと思ったくらい。←どんだけー。

バイクにまたがってる姿やアライさんのメットをかぶってる姿を誰に見せる訳でもなのにいっぱい撮ってもらいました(笑)

最初のこの館だけでもうお腹いっぱい。
入場料の1300円の価値は、この館だけでアリアリってくらい。

その後もいろんなブースを見て回りました。

OR9O0413.jpg

トヨタレクサスのLF-A。
この車が将来GTに参戦するのかな?
トヨタっぽくないデザインでレースを走ってる姿が想像できないや。

OR9O0752.jpg

マツダの”大気”
なんかミルフィーユっぽい。
こんなのが公道を走る日が来るのか…

OR9O0614.jpg

今回一番撮るのに苦労したのが日産の新型GT-R。
もうすごい人だかりで列がブースの外まで出来てるほど。
人一倍暗いブースで周りに押されながら頑張って撮りましたけどあんまりいい写真は撮れなかった。
来年のGTでその分カッコいい写真を撮ろう!

OR9O0710.jpg

フェラーリ599美しすぎワロタ。
こんな車いつか家に飾ってみたい。

OR9O0663.jpg

ホンダに置いてあったF1カー。
今年F1でよく見た地球の写真になにやら白い縞が走っているカラーリングですね。
でもその白い縞をよく見てみると…
OR9O0666.jpg

名前がいっぱい刻まれてます。
myearthdreamプロジェクトに参加した人たちの名前です。
これプリントするの毎回大変なんだろうなぁ…

今回のブースの中で最もサプライズであり感動しちゃったのがプジョー。
もうわかる人はわかるよね?
何気なくプジョーのブースに向かっているとなんと展示されているじゃないですか。
OR9O0504.jpg

プジョー908!
なんでなんで?と頭は一瞬パニック。
ホンダやトヨタがF1を展示しているのは予想できたことだけどこれは事前情報とか持ってなかったから本当にサプライズ。
残念ながらジャックの7号車ではないんだけど、まさか日本でこの車体が見れるとは思ってもみなかった。
OR9O0510.jpg

さらにジャックの名前が入ってることを発見。
もう感動。オレ涙目。
来て良かったって心の底から思ったね。
記念写真撮っちゃったもん。
1300円とかこれを見るだけに払ってもいいよ。
来年は絶対ルマン優勝目指して頑張れジャック!と心の中でグッと叫びました。

他にもいっぱいイーッパイ!いろんな車やバイクがあったんだけどキリがないのでこのへんで。
まだまだ写真も盛りだくさん撮りました。

え?キャンギャル?
何それ?
僕は車やバイクに萌え萌えだったので興味nothing.

でもこの癖は直さないと駄目だよなぁとも思ってる。
来年の課題の一つとしてRQやキャンギャルも積極的に撮るってことも意識しないといけない。
やらしい意味じゃなくてマジな話。
なんとかマシンから少しでも女の子に目を向けないと…

今日は本当に車好きとしては夢のような一日でした。
毎日来ても飽きない。
まさにディズニーランド。

次に開催されるときはぜひプレスとして来れるようになってるといいな♪

OR9O0788.jpg


学生ブログランキング参加中

2007 AUTOBACS SUPER GT第9戦FUJI GT 300km RACE

今週末は金土日と富士へGT最終戦を見に行ってきたよ!
今回は記念すべきGT100戦目らしいです。

あ…そういえばPC買いました。
こんな感じです。
IMGP0325.jpg

周辺光量落ちは使ってるコンデジの癖だからね。

今日の日記はmacにして初めての日記ですよ♪

さぁさ、3日連続の観戦は自分にとってはちょっと手強い。
いつも途中でダウンしちゃって1日目、3日目の参加だけってこともしばしば。

だけど今回はなぜかすこぶる調子が良かった。
いつもだったら今頃は顔が真っ赤で熱が出てるのに超元気。

いつもより重い機材でいつもより多く歩き回ったのに。
疲労感を全く感じないし、朝も疲れを持ち越さずにスッキリ起きれた。

暑すぎない、寒すぎない、そんな気候のおかげだったのかな?

そのかわり調子が大荒れだったのがバイク。

1日目
朝エンジンがなかなかかからずキックをしばらくしてると、うるさいからいい加減に勘弁してくれと怒られる。
→自分が悪いです。ホントごめんなさい。

2日目
サーキットから帰る前にバイクの燃料パイプからガソリン漏れを見つける。穴があいていると思い家に帰ったらテープで塞ごうと思って帰ってみるとパイプがパックリ割れてる。
馴染みのバイク屋に持っていく途中にバイクが悲鳴を上げ結果押していくことに。
→もう少しタイミングが悪かったら家にたどり着けなかったらしい。ある意味奇跡。

3日目
帰り際、加速していてバイクの加速が激しく良くなったなぁとか思っているとどうもエンジン音がおかしい。爆音。
止めて見てみるとマフラーとボディを繋ぐネジが走行中に飛んでいった模様。
環七沿いにイタリアンバイク屋さんがあったので修理をお願いした。
→20km近く爆音で走行しました。ホントごめんなさい。

先月節約してがんばって貯めたお金は見事にバイクの修理に飛びました。
よくできてますね。

あーぁ、バイクの修理代は痛すぎる。
鈴鹿へ行くお金。時計を買うお金。
計算がパーなんだぜ。

話は戻ってGT!

今回はもう撮ってて楽しくて楽しくてしょうがなかった。
いつ以来だろう?
新しいレンズにして撮影の幅が広がったのはもちろんだけど今まで撮影したことのないポイントをいくつも発見できて、ドキドキワクワク。

そういえばF1の影響なのか多くの金網にメディア用の穴があけられてました。
最初見た瞬間は、
やった!穴開いてる。オレ歓喜wwって感じと
今まで苦労しながら網の目を消してきた先人たちの努力が…って感じで微妙な気持ち。

それでも網を消さなくていいのは楽でいいよね!って感じで撮っていたんだけどさ、アレね、あの穴は使っちゃだめだ。

確かに網の目がないのはいいよ、でもね穴を覆ってる金具が邪魔でしょうがないの。
あれが邪魔になって写真が台無し、しかも穴があるってことはここから撮れますよーってことなのでみんなが同じところで撮るから似たような絵になる可能性が大。

実際今回、穴とマシンの延長上の場所に今まで丘の上で撮っていたような人も多く集まっちゃって密度が高い!
しかも開いた穴は意外と自分が今まで撮っていた場所でもあったので実際、もう撮れない場所となってしまった。

安易に穴を目がけ撮るくらいなら無理矢理にでも網を消して少しでもオリジナリティのある写真を撮った方がいい。
だいたい流しとかだと穴のところ周辺の金具を見せないように撮る方が難しいし。
ダンロップコーナーなんかもう穴が見事なまでにいいポイントに開いてるので夕日をマシンのフロントに当てつつ坂をあがっていく斜め後ろからのカットがほぼ撮れなくなった。
好きな絵だし、個人的に得意にしてるカットだったのにな…。

穴の中での上記のカットも根性で撮ったけどさ(笑)

多分ダンロップで撮ることは確実に減ると思う。

穴が開いて良かったってポイントももちろんあるよ、そこは教えないけどね!
金網は飴を与えてくれたようで実は更にハードルを上げてくれたんだね。

くっそー!来年は見てろよ。

これで今年のGTも撮り納めです。富士はあと1、2回来ることになるかな?
でも今までで一番充実した3日間だったと思う。
一通りやりたいことに挑戦できたし来年に繋がる貴重なデータも採ることができた。

えーと、お騒がせしました例の前ピン問題。ほぼ解決しました。
まったくもってボンミスです。
ケアレスミスって久しぶりだわ。
9割方解決したので以前以上のガリピンも今回撮れました。

レンズにも少し慣れたのか超低速流しもバシバシ行けるようになりました。

でもまだ以前ほどじゃないです。
年内にはモノにしてやるぜ!

そのレンズについてのお話をちょっと。
特定の条件下で撮影する↓のような現象がおきます。
OR9O8532.jpg

偶々じゃないです。場所を変え同じような条件で撮影してもおきました。
これって何?
このレンズじゃ結構有名な話だったりする?

週末の写真をいくつかどうぞ。
OR9O9700.jpg

OR9O0069.jpg

OR9O9292.jpg


年内の大きなレースも残すところあと2つ。
少しでもうまくなってやる。

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。