スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 1/2

今日で2007年も半分がおしまい。
あっという間というほどでもないけれど、意外と早く感じた半年間。

果たして半年間でどのくらい成長したんだろう。
普通の人が成長する半年間と比べて自分は劣ってはいないか。
優れているならちょっぴり嬉しい。

そういえばこの家に引っ越してきても半年ということになるんだよね。
そういう意味ではあっという間だったかも。
ついこの間、前の家を大掃除して色んなものを捨てたりしてこの家に引っ越してきたんだよね。

最近思うんだけど、前の家って凄く広かったんだよ。
もう学生としてはありえないくらい広い。
軽く二人暮らし出来ますよってくらいだもん。

でも無駄に色んなものを置いて広い部屋を狭くしてた。
あぁもったいない。

今の家にあるもので十分だもん。
今の家は前の家より狭いけど、狭い分だけ色々工夫して部屋を整理してます。

分相応。
何事もオーバースペックは自分のためになりません。
少し物足りないくらいのほうが自分のためになります。
その分、創意工夫するからね。

だから今日はちょっと部屋をお掃除。


お洒落をしちゃ駄目だ!
夏ももう直ぐそこまで迫ってます。
当然、露出も増えてくる分アクセサリを増やさなきゃオシャレになりません。
重ね着など出来ない分、単体でのお洒落洋服も必要です。
でもアクセサリや服を買うとお金が無くなる。

写真学生は常に金欠です。
お金はあればあるだけ使います。
→写真関係に。

そんな中でオシャレに色気を出すとどうなるか。
当然写真生活を圧迫ですよ。
本末転倒。
写真学生はオシャレなんてするもんじゃないです。
オシャレする分を写真に回して自己投資です。
オシャレは売れてきた後だっていいじゃないか。
だから今はお洒落禁止。


最近自分の周りは皆、夏のインターンシップのことで盛り上がってるみたい。

インターンシップの目的ってお仕事体験!

じゃないと思うんだよね。
実際に現場で働いている人とのつながり。
コネクションを得るために行くと思うんだよ。

だから今日でインターンシップ終わり。
短い間ですがありがとうございました。じゃ駄目なわけ。
良かったらこのあとバイトでウチに来ない?くらいじゃないと意味無い気がする。

ちなみに自分は今のところインターンに申し込んでないです。
周りは結構申し込んでるみたいでみんなに置いてかれるんじゃないかと少し不安だけど…

自分の希望する分野のインターンが今のところ見つかっていないというのもある。
でも、それ以上に自分は夏にやることがある。
そっちを優先というわけではなく、"大事"に向き合っていきたいと考えているから申し込んでないです。

あー、怖い怖い。
ちょっとした人生の分岐点な感じだねココ。


ちょっとしたお話。
この世の中にある上り坂と下り坂の数は同じ。
知ってた?(笑)

"上り坂"を言語化すると辛いイメージもあるけど、調子がいいという意味でもあるよね。
"下り坂"は調子が悪いという意味もあるけど、爽快!って感じもあるよね。

要はどんな物事の中にも良いことと悪いこと、両方の要素を含んでるわけ。

どんなに遠回りしても最終的に目標のゴールにたどり着けば良し。
他人と自分の道は当然違うんだから、自分の道を確実に歩んで生きたいと思う。

今年も残り半年間。
少しでも後悔の無い日々を過ごそう。

学生ブログランキング参加中
スポンサーサイト

ちょっくら富士へ

昨日見かけたあの子はやっぱり堀北真希なんじゃないかと思う。

今日は朝からちょっくら富士へ行ってきました。
本当は筑波であるFJ1600を見に行こうと思ってたんだけどFJ1600の方のスケジュール見てみると土曜日の走行はほとんど無かったから…。
明日は大学関係の用事あるから今日しか今週は撮れないんだよねぇ…。

一方の富士はサタデーロードレース。
バイクの土曜日のみのレースです。

夕方からちょっと用事があったので午前中だけ撮影に行ったんですが午前中だけで予選×4、決勝×2と全体の4分の3を消化するので大忙し。

見に行った理由はいろいろ。
・先週、久々の大ポカやっちゃって撮影出来ずに2週間後と迫っている前期の作品面談に向けて撮影機会を失っちゃったから。
・浮ついた気持ちへのリベンジ。
・いつも撮っている富士を二輪が走るとどういう感じなのか単純に興味。
・F1に向けて工事中の富士の視察

などなど。

でも地方選手権ということもあるのか、いい意味で
チーム関係者数>観客数

人が居ないからピットにも入り放題。
あまつさえレース直前のグリッドにも何食わぬ顔していれば入れました。
最初はチームの関係者しか入っちゃいけないのかな?とか思ってましたがズイズイ入る。
こういうときは堂々としていたほうがかえってOKなのは、ちょっとしかない自分の人生経験が覚えてます。
でも内心は
「うわぁ…グリッド立つの初体験だよ。もしホントは駄目で運営に目ぇつけられたらどうしよう…o(;-_-;)oドキドキ」
OR9O8166.jpg

↑なんかポーズがかっこよかった。ズバ!って感じで。

まぁ…何事も経験です。
人物を撮るのが苦手な自分はこういう場所で経験値を稼がなきゃいつ稼ぐんだってくらいだからね。

でも今回は行ってよかったよホント。
久々に自分的に中々いいじゃん!と思えるような写真が撮れたことはもちろん(多分時間が経って見返すと反省点ボロボロ出てきそうだけど)
よく雑誌で見る
レーサーがピットからグリッドに着くためにスタートする写真を初めて撮ることができた。
これはもっと広角のレンズだったら良かったって言うのとストロボを焚くべきだったなぁと反省。
あとアングルもまだまだ。

自分の好きな歌の歌詞の一節に
"昨日よりも何センチでも前にいればそれでいいと思う"
というフレーズがあるんだけど昔は別になんてことない歌詞だと思ってたのね。
だけど、今はこのフレーズがある意味毎日を支えてくれてます。
少しずつでも毎日前進することのほうが重要なんですよね。
10年近く昔の曲だけど結構良く聞きます。

さて、話は戻るよ!
純粋な意味での流し撮りは一ヶ月ぶりくらい。
トライアルとかはほとんど流し撮りじゃないからね。

流し撮りはじめて1年に満たない僕には結構なブランクですよ。
神立尚紀さんが授業中によく話してくれる人が感じる時間の感覚は人生の長さに相対的だということを考えても結構なブランク。

最初のうちはどんより曇った天気のせいもあるのか外す外す。
ブレよりもピントが笑っちゃうくらいに来ない。
すこーしずつ体が思い出していく。
まぁ思い出したら話は早い。
いつもどおりです。
今回は実験的に露出計持って行ってマニュアル露出で1日やってみましたけど、このスタイルは自分にはあまり合わないかも。

今日の気象条件のせいもあるかもだけどコロコロ変わるから集中できない。
下手糞なので少しでも集中してないとすっ飛んでいきます(笑)
グリッドや表彰台の撮影は抜群の効果でした。

んで、自分は馬鹿なので富士のストレート、しかもピットからコースに指示などするエリアで流し撮りを決行!
あぁもうすごいね。
めちゃんこ速いよバイクが。
全然AF追いつかないの。
しかもシャッター押すのが少し早いのか画面に小さいのばかり。
難しいです。
ピッチャーが投げる球をぎりぎりまで溜めて打つ!みたいな感じです。
今日は振るタイミングが圧倒的に早かったです。
引き付けて引き付けて…
これもまた勉強です。

OR9O8036.jpg

今日はこんな感じの写真をバリエーションを変えつついくつか撮りました。
でもこれじゃバイクが自走してるみたいですよね。
内側からだと選手のヘルメット越しの表情も撮れて絵になるのに。
まぁアマチュアゆえの制限です。
でもさぁ、これ角度つけすぎだよね。
もう少し抑えて撮ればよかったと反省。

今日は色々な発見もあって楽しく撮影できた。
次の撮影までまた少し期間が開くけど自分なりに反省などをまとめて次に活かしたいと思う。

それにしても今日は暑かったね!
帰りとかライダースジャケット脱いで、グローブも脱いでTシャツ、素手で帰ったくらい。
まぁちょっとしたツーリングみたいで気持ちよかったけどね。

それでも意外と疲れてたみたいで家に帰ったらすぐ寝ちゃいました。
まぁ前日睡眠が1時間半しかしてないせいもあるんだろうけど。

作品面談まであと2週間。
そろそろ作り始めましょうか!

学生ブログランキング参加中

なんか最近ピアスの穴がもう一つくらいほしくなってきた

ル・マンをwebで見る→お知らせ

アメリカGPクビサの代役はやっぱりベッテルの模様。
予想大当たり。
もし決勝に出走すれば19歳と350日目。
10代としては6人目、歴代でも6番目の若さでの決勝出走ですね。
ちなみに歴代1位はマイク・サックウェル19歳182日です。

もしかするとそのうち18歳代のドライバーも誕生するかもね。
でも10代デビュードライバーって今まで大成しないっていうジンクスもあるわけ。
それを見事に破ったのがアロンソ。
ベッテルも続けるかな?

さて、前置きはいいとしてル・マンの放送はご存知のとおり日本ではありません。
読売は放送権持ってるのにもかかわらず流さないという暴挙。
頭にきますが大人の事情もあるでしょうから我々は関与できないです。

だからル・マンを日本に居ながらにしてみるにはどうしても海外の放送局を頼るしかありません。
→つまりインターネットで見るほかに無いわけです。
ル・マンのスタートまでこの記事を書いている時点でのこり4時間ほどとなってきましたがインターネットで、ル・マンを見る方法を少しご紹介。

簡単な話ですが「TVU Player」を使えば簡単に放送を見ることができます。

↓ここでソフトを落としてダウンロードしてください。
http://cowscorpion.com/MultimediaPlayer/TVUPlayer.html
その後インストールして53060Wheelという局に合わせてください。
そうすればアット驚きこれだけで見れちゃいます。

SPEEDtvと呼ばれる局でモータースポーツ関連の放送を良くやってくれてるありがたいテレビ局です。
F1金曜のフリーなども放送してくれますよ。

こんなに簡単なソフトですが、それでも一応ADSL並みのスピードは必要です。
ここ注意ね。
でもモータースポーツ以外にも世界の色々なテレビ局の放送が見れるのでお勧めです。
FOXとかだと英語の勉強になったりならなかったり?

一応番組表も載せておきます。
http://www.myp2p.eu/Other.htm
TVUの下のPlayを押せば立ち上がって放送してくれます。

一応これ以外にもデンマークのあるテレビ局の放送が実はwmpで見れるんじゃないかという情報も入ってきていますが放送時間になるまでわかりません。

でもとりあえずはTVU Playerで見ることは出来るみたいです。
世の中はF1、F1ですがF1以外にも興味のあるモータースポーツファンの皆さん、今週末は今日の夜から月曜朝までぶっ通しでモータースポーツ三昧出来ますよ。

大いに楽しみましょう♪

学生ブログランキング参加中

2007 FIA Formula One World Championship Grand Prix of Canada

いや、別に見に行ったわけではないんだけどね。
たまにはF1について書いてみようかと。
カナダGPだしね。
今日は長いし読みづらいしマニアックな話も入ってくるから興味ない人はパスしちゃって。

まあー昨日はもう夕方からモータースポーツ三昧。
6時ごろからmotoGPを観戦。
125ccではコヤマックスこと小山知良選手が優勝。
もうテンションがいきなりMAX。
表彰台の天辺で流れる君が代はいいね。

そのあとはWRCを見て、Fポン。
そしてF1カナダGPですよ。

毎年だけど北米ラウンドとブラジルGPは日本の反対側だから朝方まであるんだよね。
今回はモータースポーツの放送があったからいいけど始まるのが待ってる間に寝てしまったこともしばしば。
2003年アメリカGP寝てしまって次戦の日本GPが例の件になったときには思わず頭を抱えました。
ジャックのファンならこの気持ちわかるでしょ?

さーてさて本題のカナダGP
ご存知のとおりの荒れたレース。

ここ数年マシンの信頼性が上がっていたから久々のサバイバルレース。
といっても22台中12台が残ってるのって一昔前では別に珍しいことじゃなかったんだよね。
むしろ10台以下になってはじめてサバイバルレースって感じだったから。
そういう意味でもここ数年の信頼性の向上は目を見張るってことだね。

結果はご存知のとおり超新星ハミルトンがポールtoウィン。
もちろん初優勝。
デビュー6戦目の優勝だったんだけど、デビューイヤーでの優勝はここ数年だと2001年のファン・パブロ・モントーヤ(15戦目)、そして1996年のジャック・ビルヌーブ(4戦目) くらいしかいない記録。
6戦目の優勝は歴代15位タイの記録でした。

どちらにせよ大記録です。

例年モータースポーツの低年齢化が進んでいますがルーキーがそれでも勝つというのは異例中の異例です。
ジャックやモントーヤはアメリカでの実績がありましたけど純粋に下のカテゴリから上がってきたドライバーとしての優勝ですからすさまじいです。

よくマシンがいいから勝てたなんていう人がいますが、マシンが良くても勝てないドライバーなんて山ほどいます。
良いマシンでちゃんと勝つ。コレは並大抵のドライバーでは出来ないです。
デビュー戦からのハミルトンの走りを見ているともはやルーキーレベルじゃないですよ。
しっかりしろアロンソ!と口にしてしまいそうなほど。
念願の初優勝おめでとうハミルトン。
次はワールドチャンピオンだ!

そして佐藤琢磨の活躍も忘れてはいけませんね。
自分はもともと琢磨を好きというわけではないですが昨日のアロンソを
ぶち抜いて6位に入ったのは純粋に評価できます。
おそらく琢磨のF1人生の中でもベストレースだったんじゃないでしょうか。

2004年のアメリカGPがあるじゃないかと言われるかもしれないけれど、あのレースはファンの人がなんと言おうが実力よりもマシンとレース展開に恵まれての表彰台ですよ。
2004年相棒のバトンは表彰台に10回も上ってるんですよ。これは上れないほうがおかしい。
そしてレースは完走が実に9台、ミナルディのルーキーだったバウムガードナーが8位入賞するレース。
データで見ればあのマシンであのレースで表彰台に上れないドライバーはクビにされても問題にならないくらいのことでした。
少なくとも海外のマスコミは当時そういう批評でした。
でも荒れたレースで生き残るのもドライバーとしては大事なことですよね。

この間のスペインGPは棚ボタに近い形でのポイントgetでしたが今回は実力に近い形でのポイントget。
ピットストップでのミスがなければ表彰台だったのに…なんていう人もいるかもしれないですけどそれは欲張りです(笑)
むしろ昨日の展開では表彰台に上がるよりもアロンソをぶち抜いて6位に入るほうがインパクトはでかいです。
3位になっていたらまた棚ボタで表彰台なんて言われかねないです。
それよりもアロンソを抜いたことと旧ポイント制でも入賞となる6位ということはチームに未来を感じさせドライバーの頑張りを周りが評価してくれるのには絶好の位置です。
F1というのはどこかしらで嫉妬が起きるもので表彰台が純粋に評価されないことが多くあります。2005年のアメリカGPでのモンテイロとかね。

だからこれは今回の結果で望みうる最もすばらしい結果なんです。
スーパーアグリが今後どうなっていくか少し楽しみになりました。

さて大クラッシュで心配のクビサですが捻挫ですんだ模様。
フォーミュラーとしてもっとも危ない事故の形となってしまいましたが捻挫で済んだということは近年の安全志向のおかげともいえます。
ジルのサーキットですから現地のファンの人たちも思わず頭をよぎったのではないでしょうか。

自分は一瞬、数年前のグレッグ・ムーアの事故を思い出して寒気が走りましたが
無事で何よりです。

それにしても昨年ジャックのシートを奪う形でデビューしたクビサがジャックの地元であぁいう事故になってしまったというのは少し考えさせられるものがありますね。

次戦は今週末、連戦のアメリカGPですがクビサの代打となれば誰が出るのでしょうか?
自分はベッテル1択で決め込んでるんですけどね。

巷じゃジャックが乗るのか?なんて言う人もいますが確信を持っていえます。
絶対に無いです。
ファンなのにそんなこと言っていいのかよ~って感じですがアメリカGPはル・マンと日程が被ってるんです。
だから無いです。

もしオファーがあっても断るでしょうね。
片やル・マンで優勝候補筆頭のマシン、片や自分を切ったF1チーム。
しかもブランクがある。
どう考えても無いです。
もしジャックがルマンに出るんじゃなかった~とか思っていたら面白いんですけどね(笑)
ファンとしては見たい半分、見たくない半分って感じ。
今年のF1マシンに乗るジャックも見たいけどルマンで活躍する姿のほうが見たかったりするそんな乙女心です。


今回は荒れたレースでしたがチームのドライバーで明暗はっきり分かれる展開になったのも事実です。

マクラーレン:ハミルトンが優勝し、アロンソは屈辱の7位フィニッシュ。
BMW:ニックは自己ベストタイの2位になる一方でクビサは命がけの大クラッシュ。
ウィリアムズ:今年全く駄目なヴルツが表彰台に上る傍ら二コがペナルティに泣かされ10位。
ニコはペナルティさえなければ初表彰台だったのに…
ルノー:コバライネンが自己最高位でフィニッシュ。カナダGPを得意にしているフィジケラは黒旗。
SAF:琢磨入賞。アンソニーは表彰台も見えたのにピットミスとトラブルで下位に沈む。
トヨタ:ラルフちゃっかり入賞。ヤルノ、一人でレース全体を荒らす。

こんな感じ。

フェラーリはコンストラクターズ争いでもドライバーズでの争いでも相当厳しい状態になっちゃったね。
マッサ応援してるんだけどなぁ…

それにしてもこういったレースでも入賞できなかったホンダ勢は相当にヤバイ。
ぶっちゃけた話05年以降このチームは何をやっとるんだという感じがする。
浮いては沈みそして浮かない。こういうことの繰り返し。
少しずつ上がってくるならいいけど毎年シーズンの中盤から上がってくる。
サテライトチームにコンスタントに負けているのは非常に情けない。

最後に今週末CSで実況してくれた某アナウンサー。
あなたはアナウンサー失格です。
巨人戦でONの経歴を全然知らない状態で平気で実況する人がいるとしたら私は即クビにします。
勉強、関心、謙虚さすべてにおいて欠けています。
そういうことです。

あーぁ、素人の癖にグダグダとF1語っちゃったよ。
昨日のレースについてはこれでもまだ書き足りないくらいに言いたいことあるんだけどもうあまりに長くなっちゃったのでここいらでいったん閉めます。

なにか聞きたいことあったらコメントにでもください。

次戦はアメリカGP。
インディ500が開催されたばかりのインディアナポリスです。
夜遅く、いや朝早くまで起きなきゃです。
でも見ます。

っていうかどこかルマン流せよ!
ジャックの頑張ってる姿が見たいんじゃ!

学生ブログランキング参加中

2007 FIM SPEA トライアル世界選手権シリーズ ウイダー日本グランプリ

土曜日、日曜日とツインリンクもてぎで行われていたトライアルの世界選手権に行ってきました。
トライアルというのはバイクで大きな岩や崖を駆け上がっていくという競技です。
OR9O6309.jpg

↑わかりにくいかもしれないけどこんな感じです。
今日は少し写真多めでいきたいと思います。

15のセクションに分けられ各セクションの持ち時間は90秒。
これを1日で2回まわります。
他のモータースポーツとは違ってスピードを競うものではなく、時間内にいかに足をついたりせずにゴールへ行くかということが重要な種目です。
減点方式で足つき1回1点減点などされ最終的にもっとも減点されなかった選手が優勝となります。

昔からよくテレビなどで見ていたのですが実際に生で見るのは初めて!テレビで見るのとは大違いで迫力抜群。
もうねあまりの凄さに口がポカーン。
常識的に考えて無理だろ!ってところをバンバン上がっていく姿は一度見たら誰しも魅力に引き込まれてしまう。

初日は実際に目の前で見るとどういうものなのかというのを感じるためにじっくり観察。
撮影3、観戦7くらいの割合。
大学の後輩も来ていたので一緒に回る。

それにしても、崖や岩を登る選手も凄いけどお客さんも凄い。
どうやってそこに行ったの!?と思うような場所で観戦。
当然、観戦場所も崖などがある斜面のところで見る。

移動も崖を上ったり降りたり、滑り落ちたり(笑)
見るほうにも体力が必要とされる種目です。


モータースポーツといえば近年、着々と女性選手が活躍の場を広げていますがこのトライアルにも女性選手が参加しています。
OR9O6093.jpg

写真は紅一点ライア・サンツ選手。
男性選手にまぎれながらも力強いライディングで人気が高い選手です。
セクションをゴールした後の笑顔がとってもprettyでした。

日本人で注目の選手といえばやっぱりフジガスこと藤波貴久選手。
日本での知名度は低いけれど凄い人なんですよ。
OR9O5351.jpg


史上最年少で全日本チャンピオンになると16歳で世界選手権に参加。
99年からは5年連続で世界選手権2位。
そして04年には日本人初の世界チャンピオンになってます。
その後も05,06年と2位となり毎年常に世界チャンピオン候補の一角として海外でも人気を得ています。

初日も見事3位を獲得。
OR9O5905.jpg


しかし、私は現在の世界で活躍する日本人選手の中でここまで不満げな表情で表彰台に立つ選手を初めて見ました。
世界チャンピオンを獲った男が地元日本のファンに見せたいのは3位などではなく優勝した姿ということです。

自分は日本人だから日本人選手を応援するという人間ではないのですが、初日の表彰台の表情を見て虜になってしまいました。


OR9O5390.jpg

今年は開幕から5連勝とチャンピオン争いをリードしているアントニオ・ボウ選手。06年はインドアの世界チャンピオンを獲得した今最も勢いのある選手。
とにかく安定感が良くてめったにミスをしないんです。
渋いです。


OR9O5668.jpg

こちらはトギー・ランプキン選手。
1997年から2004年に藤波選手に奪われるまで7年連続世界チャンピオンを獲得した"帝王"
藤波選手の5年連続の世界選手権2位はこの選手がいたからこそ。

しかし04年以降不調が続いている。
この日本グランプリでは初日6位、2日目は7位と低迷した。


OR9O5339.jpg

先に走るカベスタニー選手の走りを見つめる05、06年の世界チャンピオンアダム・ラガ選手。2日目はチャンピオンの意地を見せボウ選手の連勝を止め今年初優勝をもぎ取った。

さて今回、トライアルという競技を初めて生で見たんですけど
写真の予習をしていなかったため、一般的な写真がわからない状態。
パンフレットに載ってる写真を見てこういうもんなのかってわかった自分。
まぁ逆にゼロからってことは自分の感性で撮っていこうって決めたはいいけど常識はわきまえたい。
例えば一枚目の説明に使った写真の場合、人のみを撮るのがいいのか、人とマシンがあればいいのか、はたまた岩まで入れるのかということで悩みました。
結論→人の上半身プラスハンドルの一部のアップor「人マシン岩」の組み合わせ

あとストロボを焚いていいのかも悩んだ。
小石一つが影響するとてもデリケートな種目だからもし自分がストロボを焚いて選手に影響しちゃったらとか考えたら怖くて焚けなかった。
プレスの人で焚いてたりもしてたけど、きっとなにか競技撮影の常識というか一線があってそこを知っているからそれを知らない自分は大人しく補正をかけて自然光で頑張ろうと。
そのため結構表情が影で潰れてます(;´д`)

今回は写真の基礎ということの重要さを思い知らされた撮影でもあった。
本当に基本的な露出の補正からフレーミングなど基礎力がないとこういう競技は撮れないんだと思う。
おかげでさまで個人的に惜しいという写真が大量生産されましたよ。
だからといって今回載せた写真が惜しくないかといえばそうではなく全般的に惜しいんです…

まぁ初めてのものだから…という言い訳も出来るけど言い訳をしなくてもいいくらいの腕が欲しい。
とにかくどんなものでもいいからがむしゃらにならなきゃだめなんです。
まだ、自分を追い込んでいない。追い込めていない。
追い込むのはいいけど基礎は怠るな。

基礎力の強化をこれからの課題として取り組みたいと思う。

OR9O6067.jpg


で、総括っぽいことしたのに話は戻るけど
トライアルってバイクと人が一体となって岩などを乗り越えていくことが魅力だけど写真を撮っていて思ったのは選手の表情やしぐさこそ最大の魅力なんじゃないかと思った。

セクションを回る前の下見の際の厳しい表情。
岩を飛び越える前の不安げな表情、決意をした表情
飛び越えているときの歯を食いしばっている表情。
飛び越えた後の安堵し喜んでいる表情、乗り越えられずに悲壮感と苛立ちを感じている表情。

撮っていて気になるのはそんな表情ばかり。
自然と表情を追うほうことのほうが多くて、今回の写真は表情に注目したような写真が多くなりました。

何故かはわからないけれど世界で戦う選手たちの表情は自分にはとても魅力的に感じたのです。

実質、初めての世界選手権クラスの大会を2日回って得るものは非常に多くて、撮り終えた後もまだここに残っていたいという気持ちが強くなるばかり。
モチベーションはあがります。

「I love motorsports」
体が頭がそして心がそう言ってます。
本当に好きなものに理由は無いでしょ?
好きという理由が好きな理由です。

OR9O5107.jpg

OR9O5467.jpg

OR9O5565.jpg

OR9O6978.jpg


OR9O6738.jpg

↑今回最大の失敗ショット。露出間違えたorz
シルエットでもないし表情が見えるわけでもない、中途半端なものに。
おっちゃんの顔は良く見えるのに…


OR9O6985.jpg

ボトルじゃない顔だよ顔!
認めたくないものだな自分自身の表彰台慣れしてないが故の過ちというものを…


OR9O7122.jpg

今季初優勝で大はしゃぎのラガ選手


OR9O7131.jpg

今季初めて優勝を逃したボウ選手。満足のいかない表情で見つめる先は昨日までの定位置。


OR9O7129.jpg

地元日本で2日続けての3位となった藤波選手。
最終セクションでの落車で小指を脱臼。
しかし痛さを見せることなく立つ姿がとても大きく見える。

実は2日目は上位は接戦。
藤波選手も優勝の可能性があった。
しかし最終セクションの最後の岩登りで失敗。
自分は表彰台の前に陣取っていて岩を登った瞬間の表情も撮れる場所。
登り切ればテンションMAXになるだろうと会場も興奮状態での落車。
一瞬岩の頂上から前輪のタイヤが見えたかと思うと消えていった。

その瞬間の会場の雰囲気といったら…
自分も感極まって半泣き。
悔しかったね。

こんな気持ちは初めてだよ。
心のいい経験になった。

人の表情って本当に魅力的だよね。
もっと練習したいな…

と思っていたら明日の大学の実習はモデルの撮影。
なんていいタイミングだ!

明日の午前に代々木公園で撮影してる集団のなかにいます(笑)
久々に実習で目的を持って取り組むことが出来そうです。

明日はモデルさんの見せる一瞬の表情を撮ってやるぜ!

学生ブログランキング参加中

買いましたよ*iPod&プリンタ

かーちゃった、買っちゃった。
iPodを買いました。
先代のiPodが死んじゃったんだけど本当はね来週の日曜に買おうと思ったんだけどね。

今日は大学の授業が休講の関係で大学はお昼まで。
でも夕方に大学で用事があるのでそれまで暇。

夕方から夜にかけてならいつも時間が取れるけど昼間の時間が取れるのはここしばらくだと珍しい。

明日は撮影で最低でも往復7時間はバイクに揺られるんだよなぁ…
でも音楽無しだと相当辛い道のりなんだよなぁ…。
せめて来週まで生きてくれれば来週買えたのになぁ。
とか思っていたけどまさかの時間的空白。

一応大学から帰ってきて以前、行ったiPod復活の手順を同じようにやってみたけどやっぱりどうにもならない。

しょうがないので新宿ヨドバシへ。

そういえばなんで、来週まで待てば買えるんだっけ?と考えてみたら
来週プリンタ買うからそのポイントで買えるんだ!ということを思い出す。

そっかそっか、じゃあついでにプリンタも今日買っちゃおうということになったので
買いました

ということで前々から気になっていたEPSONのMAXART PX-5500を買いました。
値段的にコレより上の機種は手が届かないです。

以前からCanonのPIXUS Pro9500とどちらにしようか迷ってたんだよね。

Pro9500はPIEでは評判が悪かったけど製品版はなんだかんだでかなり評判がいい模様。
PX-5500より安いしどっちにしよう?って結構悩んだんだけどね。
EPSONとPX-5500は絶大な信頼を受けているメーカーであり機種。
信頼性という意味でPX-5500を買いました。
信頼買いですね。

これでまた部屋が一段と狭くなるぜ!
まぁお部屋改造計画を考えているので改造計画が成功すればスペース的な余裕はある程度確保されるはず。

ポイントからで5年保障もつけておきました。
ここでケチるといつものパターンで後々金が飛ぶからね。
ここで出しておきますよ。

これで今まで撮った写真、そしてこれから撮る写真たちを紙に出力できます。
どんな風になっていくか楽しみ。

物を買うときに言えることは絶対に必要なものにはお金を惜しんじゃいけないんです。
金を考えずに買うべきです。
ケチって中途半端なものを買ってしまうと後々余計にお金がかかる羽目になるからね。

その代わり他のところで節約節約。
どうでもいいものこそケチって少しでも安く買うこと。

さて、プリンタを買って溜まったポイントを胸にオーディオコーナーへ。
ちきしょー壊れなければ買わなくてすんだものを
(´Д⊂グスン

色んなHDDプレーヤーが並んでるけどiPod以外は個人的に興味ない、というかわからないのでiPodのコーナーへ。

80Gなんて高くて買えません。
30Gで十分だよ。
映像なんて見ないし、音楽聴くだけだし。

白にしようか黒にしようかはたまたU2モデルにしようか悩む。
http://www.apple.com/jp/ipod/ipod.html

黒もU2モデルもかっこいいなぁとか思うけどなかなか決められず。
シリコンケースとフィルターだけ先に決めようと思って、とりあえずアクセサリ売り場に。

そこで( ゚д゚)ハッ!と気づく。
シリコンケースで黒を買えば中が白であろうと黒であろうとパッと見は黒だよね。
だけどシリコンケースが半透明だと黒は黒。白は白。

あぁ!白でいいじゃん白で。
白だと色々と外面をいじって遊べそうだし。

ということで前のiPodと同じ白をポイントと現金で購入。

しかし第5世代が出てもうだいぶ経つけど凄いね。
前のモデルは4.5世代なんだけど、80Gモデルでも前の20Gと同じくらいの厚さと重さ。

30Gモデルはもっと軽くて薄い上に画面がでかい。

音質はまだ聞いてないからなんとも言えないけど外観だけでも強烈なインプレッション。

これから様々なところへ行くときに使うと思うけどヨロシクね。

明日は朝早いけど今夜は新iPodへの移行で少し寝るのが遅くなるかも。
それでも明日はちゃんと起きろよオレ。

これで残る買い替え家電は今のところ一つ。
このPCのみだ。(掃除機もだけどねw)

瀕死な状態だけど
頼む、なんとか夏休みまで生きてくれ。

お前が死ぬと俺は何も出来なくなるんだ。
外付けHDDを買う金すらないんだ。
だから夏まで生きてください。

よろしくお願いします。


今日は買い物をしました。
自分がモチベーションを維持するために必要な材料と、自分が前進するために必要な道具です。

これからよろしくお願いします。

そして今まで外で音楽を聴くという習慣が無かった自分に外で音楽を聴く楽しさ、この2年間オレにたくさんの音楽を聞かせてくれたiPod、ありがとう。
さようなら。

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。