スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼン*夏課題

今日は昼から大学でプレゼンでした。

夏の課題のプレゼンですよ。
テーマは以前に書いた"夏の風物詩"

学籍番号順に学科の前半と後半の組に分かれてのプレゼン。
自分は後半の組。

緊張する理由が無いのにやっぱり人前で話すのは緊張しました。
学生のうちに叩かれるのは嫌いじゃないし、むしろ叩いてくださいってタイプなんで。

今回はリバーサルフィルムで各人が夏に撮ってきたものをスライドしながらのプレゼンするというかたちです。

自分は爺ちゃんの家の近所で毎年お盆に行われている
少年相撲大会を撮ってきました。

今回の"夏の風物詩"というのは解釈次第でどうにでもなるもので
・自分にとっての夏の風物詩
・一般的に見ての夏の風物詩
・自分的にも一般的にも夏の風物詩

といった感じに分類されました。

自分の作品は正に"自分にとっての夏の風物詩"
当然スライドしただけではみんな(゚Д゚)ハァ? になってしまうので
地元の風習などの説明を織り交ぜながらプレゼンをしました。

自分の番のときにスライドの使い方説明を受けるときに必然的に自分の作品がチラッと見えるわけですよ。

その一発目がいきなりピントが甘くて思わず上を見ちゃいました。
ルーペではある程度okと思い提出したものでもやっぱりプロジェクターで大きく伸ばすとピントが甘いものがあるわけで、それをいきなり引き当ててしまった形です。

提出したものを今更変えるなんてことは当然することなどしたくないし許されないんでちょっと凹みつつプレゼンをしました。

その後先生からの講評がもらえるわけですけどやっぱり突込みが当然くるわけでした。
それでも他の人とは被る内容でないのと伝統行事的なものをあえて選んできたというのは評価できるみたいなことを言ってもらえました。
スポーツっぽくぶらしたりしてるものや子供達の表情をうまく捉えてるのがgoodなんだとか。
後からみんなが"良かったよ"と言ってくれたんだけど
技術面の甘さは大きな反省材料。

あのピントがばっちし決まっていれば…とただひたすら反省するばかり。
昼の1時過ぎから夕方の6時過ぎまでほぼぶっ通しでのプレゼン。

いろんな人の感性で撮った様々な写真が見れたことと
その写真に対する改善点などを先生が言ってくれたので聞いているだけでも勉強になる時間でした。

流石に5時間もやったので終わった後は頭がパンパン。

その後に報道写真部で学際に向けたプレゼンがありました。
先に謝っておくけれど

今日報道写真部でプレゼンした皆さんごめんなさい。
正直頭が半分も働いてなかったです。

写真を見てはいたけれど頭がパンパンでボーっとしてて冷静に見ることが出来なかったです。
本当にごめんなさい。

それでも感じることは多いわけで、例えば駄菓子屋撮ってるコなんかは七夕祭りの時と比べても明らかに巧くなってて、ベタ焼きを見たらきちんと段階撮影をしてて偉いなぁ…って思いましたよ。

写真を見たときにボーっとなっていた頭が醒めましたもん。
凄く伸びてきてる!って。

自分にも気合が入りました。

苦手な人前で話すイベントもなんとか一つ終わりました。

これであとは10月末の学祭と年末の最終課題
そしてまぁ…個人的な+αを真剣に取り組むことが年末までの目標。

気がつけば来週はもう鈴鹿です。
最近時間があっという間に過ぎていきます。
1日1日を大事に使っていきたいです。

学生ブログランキング参加中
スポンサーサイト

モータースポーツ ジャパン2006

昨日のことなんだけどお台場で昨日、今日と開催されているモータースポーツ ジャパン2006を見に行ってきました。

要はモータースポーツ関係のお祭りです。
ここ数年伝統行事的に日本GP一ヶ月前にやってるアレです。

寝坊しちゃって片道90分もかかって会場に着いたのは昼の1時半。

っていうか駅にまったくポスターも無ければ案内も無く普通に迷いました。
デモランしてるエンジン音を聞いて会場の場所がわかったくらい。

何気にお台場初上陸でした。
フジテレビが大きかったです。
お母さんが地元で働いてる場所にそっくりでした。

そういえば友達が毎年必ず夏と冬にはお台場のビックサイトに行ってるとか言ってたけど何しに行ってるんだろ?

着いたらちょうどジェームズ・ロシターがホンダF1デモラン始めて人が多いこと。
やばいってもんじゃない。

撮影用に機材一式持って行ったけれど一脚を立てるとかそういうレベルじゃなくて人が何重にも重なっていてマシンを目で見ることすら難しい状況。

まぁ目的はF1じゃないからいいけど…

そういえば今日はバトンが来るんだってね、昨日以上に人が多いんだろうなぁ…

F1が終わると人も大分少なくなりました。
その間に場所取りをしつつ会場をちらほら見る。

名車ばかり…
懐かしい車がたくさん。

よだれ物ですよ。

ニッサンR390Gって昔から好きな車だったんだけど初めて生で見れました。

フォーミュラーカーも多数展示してあったけど何気に凄いと思ったのが
パリダカ仕様の試乗体験のアトラクション。
展示会場では他のラインナップが華々しすぎて凄く地味だけどとんでもない角度の急斜面をらくらく登る様にマジで口ぽっかりあけて唖然。
ジェットコースターとかの角度じゃないです。
あれは壁です。
砂にまみれつつ100km/hオーバーで何千キロもの道を踏破する車にある意味での"究極"を見た。

そうこうしているうちにお目当てのF3のデモランです。
塚越君でした。
早くから陣取っていたおかげで最前列ゲット!
一脚はさすがに立てられなかったけどね。
目の前で走ってくれます。
超近くて3m前で走ってくれました。
デモランは短いコースで数周しかしないんで本数的には一本も撮れてないんだけれど一枚でもいいカットがあれば学祭に使えるのがあるかもしれないから現像祈ってみます(笑)

ただ…どうも一瞬過ぎてピントが間に合ってない予感が(汗)

その後はフォーミュラーニッポンのデモラン横溝君と松田君でした。
横溝君は自分の目の前でわざわざスタートをやってくれてラッキー☆

その後ドーナツターンを見せてくれました。
フォーミュラーニッポンでのドーナツターンなんて初めて見ましたよ。
F1やインディではあるんだけどね。

いやぁ…豪快でした。

その後の松田君はタイトルのかかってる車なんでドーナツターンはちょっと…なんてコメントしつつ

豪快にやってくれました(笑)


とりあえずそれで目的は達成したので帰途につこうと思ったんだけど
近くのメガウェブではトヨタがもう一つイベントやってるのを思い出してF3も出るって書いてあったから行ったんだけどね…

個人的にはトヨタさんやっちゃってくれたよ…
デモランしてくれるんだけどね、先のイベントとは違ってどんなに前列でも距離あるし中途半端にフェンスが高いわで最前列だったのに全部背伸びして手を思いっきり前にしてノーファインダーで撮るしかなかった。

しかも音楽とモータースポーツの融合とかでデモラン中にもうるさい音楽ガンガンかけてるの。
こっちは純粋にエンジン音とかタイヤの焦げた匂いとか嗅ぎたいのに台無し。

F3も見れただけ。
後から右京さんがトヨタTS020走らせるって書いてあったけど帰っちゃった。

こっちのイベントには今日はトゥルーリとゾンタが来るみたいね。
今日はお台場の人はとんでもないことになってるんだろうなぁ…

モータースポーツ ジャパン2006の方に関しては相当良かったです。
一日普通に潰せます。

一つだけ何か言わなきゃいけないことがあるとしたら
モータースポーツなんだから2輪も置いて欲しかったということ。

まぁ今週はmotoGPが日本開催だから二輪関係者は全部もてぎに行ってるんだろうからしょうがないといえばしょうがないよね。

motoGP行きたかったなぁ…
来月のF1に向けてお金残さなきゃいけなかったんで今年は断念。

来年こそは!

そういえば今日F1のチケットが届きましたよ。
F2席のR1ブロックにいるジャック仕様のBAR帽被ってる人が居たら自分です(笑)

まぁなんで今頃届いたかというと夏の終わりにパックで申し込んでいたのがやっと届いたんですよ。
名古屋に2泊3日です。

今年はF1どうしようかなんて考えていたら8月になっちゃってチケットなんて残ってるはずも無くどうしようか考えていたらたまたま大手なのにF1特集を表立ってアピールしてない旅行社さんが余裕で残っているの見つけて即お願いしました。

金曜から泊まれて自分で往復の時間を設定できたのがGoodでした。
ミハエル引退発表後はチケット価格高騰しっぱなしなんでタイミング的には最高でした。

学祭前やらなんやらでめちゃくちゃ忙しい時期に行くっていうのも無謀だけどそういうことが自分らしいところなんで自分の首を自分で絞めに行ってきます(笑)

今回のF1観戦については自分なりにちょっとした覚悟を決めにいくので3日間を使って煮詰めていきたいです。

学生ブログランキング参加中

さぁ大学だ*流れ星

いよいよ今日から後期が始まりました。
2ヶ月もあった夏休みも気がつけばあっという間に終わりました。

今年の夏休みの密かな目標は「できるだけ毎日家の外に出る」でした。
夏って昼間は暑いから例年昼は家でゴロゴロして夜に遊びに行くというのの繰り返しだったんだけどそれじゃ流石に自分の経験値が一向に上がらないということで今年は積極的に外へ出ました。
おかげで少しは経験値が増えたと思います。

さぁ後期は終われば大学生活も折り返しです。

そんなことは考えずに大学へ行く
夏休みの間も何気に週に2日程度は大学に居たので特に新鮮さは無い感じ。

困ったのが駐輪場が工事の関係で半分になっていたということ。
ただでさえパンパンだったのに半分になって置く所が無くてはみ出してる感じ。

早く行かなきゃ場所がなくなりそう。

必修授業では夏休みの間会ってなかった友達とも久々の再会
今年は積極的に家の外に出ていたおかげで数年ぶりに焼けました
肌が焼けて健康的になったねとか言われました

今までは不健康そうに見えていたのか…(笑)

一年生の授業でも取れる授業があって受けてみたんだけど講師が個人的に駄目なタイプだったので取るのはやめた。

講師が説明するときに色々と言っちゃってくれたんだけど
確かに正論っちゃ正論だけどその正論を語る上での態度とか表現とかがあからさまに尊敬の念が感じられないし馬鹿にしている(自分をわざと卑下してみせたり、敬語の使い方が生徒や他の講師を馬鹿にしている使い方)と感じたので教室出てきちゃった。

まぁそういう人も世の中にいるのはわかるけど
あれは駄目だ…

その後は部会があったりして帰りはここ数日の雨で空気が澄んでた
星が綺麗だなぁなんて思いながら原付で帰ってふと後ろの空を見てみると凄く大きな流れ星が流れていった。

流れ星を見るのが数年ぶりなら、あそこまで大きな流れ星を見たのは初めてでちょっと興奮。

新シーズン早々なんか縁起がいい!
後期は授業がたくさんあるから大変だろうけれど少しでも単位を取得しつつなにか身につくものがあればいいなとか流れ星を見ながらお願いしました。

学生ブログランキング参加中

モータースポーツの年齢的区分

先日ミハエルがついに引退を発表しちゃいましていよいよ来年はセナと一緒にF1を走ったことのあるドライバーはルーベンス・バリチェロを残すだけとなりました。

自分がミハエルにわずかでも衰えを感じ始めたのは03年のハンガリーGPでミハエルがアロンソにラップダウンされる瞬間を見てからでした。
96年は車の悪さを腕でカバーし3勝をしたミハエルも今や車のためとはいえ周回遅れにされるのか!と高校生ながらに衝撃的だった覚えがあります。

ミハエルだって今年37歳
年齢には流石に勝てなかったということでしょうか?

さて前置きが長くなりましたけど今日はモータースポーツにおける年齢の認識区分について書いてみましょう。
一応様々なカテゴリを見てきて自分の中での判断区分ですが恐らく納得していただけると思います。
これからの中での近代とは過去96年以降の過去10年をさします。

一番最後の"おまけ"
自分で言うのもなんですが参考データとしてかなり役にたちます。
コピペ等でお持ち帰りください。


さぁいよいよ本編、ドライバーの年齢分けの基準となるのは"4年間"

F1を頂点とするピラミッド型のカテゴリの中では速く出世する人もいれば時間がかかってしまう人もいます。
あるカテゴリを一般的に早い人は2年で卒業しちゃったりしますがデビューが遅れるということも考えれば誤差で4歳程度は各カテゴリの中で年齢差があったりします。

18~21歳
一般的にF3を戦う人たちはこの年代です。この年代の前半でF3を卒業した人はいち早くGP2に上がる人もいます。
この年代でF1でデビューすると新星とか新進気鋭の若手なんて呼ばれたりします。

22~25歳
F1の下のカテゴリであるGP2はこの年代のドライバーが大半を占めています。ほとんどのドライバーがこの年代でF1デビューしています。この時期のF1ドライバーは正に若手と呼ばれいてデビューの際には実力のある選手として呼ばれます。ある意味ドライバーとしては一番ちやほやされてる時期です。
この年代のうちにF1に行けなかった場合将来的にF1へ行くのは相当難しいこととなります。

26~29歳
F1の中では中堅と呼ばれる時期です。ちやほやされることはなくなり厳しい世界で戦って確実に結果を残さなきゃいけない時期です。
体力的に一番優れているのがこの年代で勢いと着実に身につけた経験を武器に戦ってます。

この頃にはF1に行けなかったドライバーや一度F1にデビューしつつもシート争いに残れなかったドライバーはDTMやルマン、またアメリカのチャンプカーやIRL、そして日本に新境地を求めてやってきたりします。

30~33歳
ドライバーとしては最も完成されている年代だといえます。
いわゆるベテランと呼ばれる世代。
体力的には人によっては中堅の頃よりも落ちている人もいますがそれでも今まで培った百戦錬磨の経験を元にレースをコントロールします。
一般的にF1におけるドライバーとしてのピークは31歳とされていますが体力と経験の両方の要素を持ち合わせているからといえるでしょう。

また特殊な例ですがアメリカンモータースポーツではこの年代はまだ中堅と呼ばれたりします。アメリカでは親子でレースなんてこともままあるので相対的に年齢層が広いです。

34~37歳
F1ドライバーとしては大ベテラン。
体力のピークは当に過ぎていますが一瞬の光を魅せては昔からのファンを喜ばせてくれます。

出来たばかりの若いチームはこれまでのドライバーとしての経験を活かしてほしいとしてオファーを送られたりします。
また言っちゃ悪いですけど車の出来次第でいつでも引退になってしまう年代です。

38歳~
この先ははっきり言って近代のF1ではありえない年代です。
例外としては99年限りで引退してしまった96年チャンピオンのデイモン・ヒルの39歳44日という記録がありますがヒルは近代F1の中で最も晩成型だったというドライバーでした。

また特殊な例としては94年のオーストラリアGPで優勝しちゃったナイジェル・マンセルが50年代のドライバーに混じって歴代7位となる41歳97日で優勝した例がありますが…ナイジェルだもん特殊ですよね(笑)

アメリカンモータースポーツもさすがにベテランとなりますがアメリカは正直規格というものがなにもかも違います。
例えば03年のインディ500のテストにトニー・カナーンが怪我をしたために急遽マリオ・アンドレッティがハンドルを握ることとなりました。
マリオといえば1978年のF1チャンピオンです。
F1のチャンピオンを獲って四半世紀たったマリオのこのときの年齢はなんと63歳!孫は現在IRLでルーキーとは思えない走りをしているマルコ・アンドレッティ。
お爺ちゃんはブリックヤードを平均時速360km/hで駆け抜けていきました。
アメリカのモータースポーツってそういうところです。

話はそれてしまいましたけれどミハエルも今年で37歳。
上の区分でいけば来年からは近代F1では前人未到の境地。

しかしミハエルもその壁はこえることができませんでした。
ミハエルが残す最後のF1メジャー記録。
リカルド・パドレーゼの256戦出走という記録を塗り替えることは出来ないまま彼は引退してしまいそうです。
この記録を塗り替える可能性のあるのは彼の元チームメイトであるルーベンス・バリチェロ。順調に行けば08年、36歳のときに達成になりそうです。

若返りが急速に進む現在のF1の中で彼は08年まで走り続けることができるのでしょうか?

今日は珍しくモータースポーツに関することを書いてみましたけれど皆さんついてこれましたか?

自分の中での認識を書いてみただけですのでもし"自分はこう思うよ!"なんてことがあったら気軽にコメントしてください。


学生ブログランキング参加中

» Continue Reading

平和島

今日は平和島に行ってきました。
なんか最近どこかへ行った関係のことしか書いてないけどネタがないんですよ…

さて今週の平和島と聞いて

ははーん (・∀・) ニヤリ

と思った方は案外自分と話が合うかもしれません。

モータースポーツは何も陸の上で車やバイクだけがやるものではありません。
水上だってあるんです!

まぁ今日は5レース中3レースで的中させて相当気分がいいです。
往復の電車賃なんか着いて一発目のレースで回収しちゃいましたからね。

まぁ自分はビビリなんで100円ずつしか賭けないんだけど自分の前で払い戻しをしていた人なんて3連単に5000円賭けて15万円以上を1レースで稼いでいてビックリ。

もうお気づきの人もいるかもしれませんが今日は競艇に行ってきました。
今日はトーキョー・ベイ・カップの6日中の4日目
クラスはG1です。
競艇は競馬と違ってG1の上にSGというレースがありますがG1でも大きなレースです。
競艇は基本的に1~4日目までで1人5ないし6レースをやって結果によって5日目に準優勝戦に18名が進めます。
そして準優勝戦で各上位2名ずつ最終日には6名が優勝戦で戦います。

つまり今日は予選の最終日
準優勝戦にむけて最後の踏ん張りといった日でした。

平和島に行ったのは初めてだけど福岡にも競艇場はありますからね。
売り場の場所以外は大して問題じゃなかったです。

競艇の賭けに真剣な人には悪いかもしれませんけど競馬と比べれば当てるのは比較的楽です。

だって競馬って12頭近くは出るんだよ?
競艇は6艇

単純に考えても確立は高いのに加えて
色々とデータを参考にすれば比較的レース展開もわかります。

まぁ競艇場によって違うイン側アウト側の勝率や水の動き、選手のスロースタートかダッシュスタートかなんて複雑な要素は自分は良くわかんないんで選手の勝率とモーターの連帯率、そして調子の上がり方から推測してるようにしています。

競馬よりもデータが多いのに加えて確率が高いので当てやすいです。

目の前を颯爽とボートが駆け抜けていく姿は迫力抜群です。
時速にして85km/h
水上で確実にドリフトします(笑)
経験ない方も一度ご覧あれ♪

せっかく日焼けも抜けたかと思ったら昨日今日でまた真っ黒になっちゃいました。
来月の鈴鹿でも焼けるんだろうなぁ…

■今日読んだ一冊

貝と羊の中国人
2006
新潮社
加藤 徹

今までいろいろと中国関係の本を読んできたけれど、久々の良書かも。

"貝"とは多神教的で有形の財貨を好んだ殷人の文化。
"羊"とは一神教的で無形の主義を重んじた周人の文化。

古代、殷周革命からの文化的特徴が過去から現在までの中国人にまで脈々と引き継がれてきているという理論をひっさげ中国人の"本音"と"タテマエ"を分析する。


ヨーロッパや周辺アジアとの比較もあって面白い一冊
これを読めば反中の考えも"ある意味"での納得に変わるかも。

学生ブログランキング参加中

全日本学生チャンピオンシップ

今日は平塚の陸上競技場に行ってきました。
タイトルにあるとおり全日本学生チャンピオンシップを見に行ったんですよ。

陸上の大学選手権みたいなやつです。

今日は朝から調子が悪くて昼の1時くらいになったら気分悪くなって帰っちゃったんだけど見たことのある選手や地元の友達が出てたりしてて面白かった。

男の選手はみんな筋肉が凄くて格好いいね!
女の選手はみんな肉付も良くてかわいいね(笑)

写真はちょっと撮ったんだけど流石にフラフラで今日はギブ

主に棒高跳びを近くで見てたんだけどやっぱり凄いね
棒のしなりとかバーを越える瞬間とか
スタンドで見てたけどそれよりも上を飛んでいくんだから

Fly to the sky

そんな感じ。

槍投げが近くで見れなかったんだけどあれも凄いねハンドボールですら35mくらいしか飛ばないのに70m近く飛ばすんだから。

ハンマー投げは別の会場でやってたらしい。
ハンマーも見たかったなぁ…

陸上ってシンプルだけどシンプルだからこそ肉体の限界まで挑戦してるって意識がバンバン伝わってきて見てるこっちも気合が入った。

来年は大阪で世界陸上が開催されるけど見に行きたいなぁ…

世界選手権レベルだとパスとか学生にはまず発行されないんだろうけどさ。

明日は何処に行こうかな?

P.s 夢たっぷり見せていただきました。 見ただけだけど。

学生ブログランキング参加中

今日のこと

秋がすっかり近くなって近くのコンビ二ではおでんが売り始め、長袖の人もちらほらと見かけるようになってきました。

今日は八王子に行ってきました。
何しに行ったかというとですね、八王子市夢美術館で現在展示している
安彦良和原画展を見に行ったのですよ。
exb9_pic02.jpg

安彦良和といえばもちろんガンダムが有名なんだけど、それよりもね、生の原画を見れたって言うのはアニメ云々別にしていい経験になった。

水彩絵の具の使い方とかポスターカラーでこんなに表現できるんだ!っていうのがいっぱいあった。
でも見ていくうちに気づいたんだけど…安彦さんって結構似た構図の絵が多い。

人の走ってる絵とかは…もう(笑)

平日なのに人が多くて驚きだったんだけど入場料250円にもかかわらず展示数の多いこと。
値段だけ馬鹿みたいに高い展覧会に比べるともうお腹一杯くらいに展示。

行ってよかった。

雨だったけどね…

最近思うけど自分はひょっとしたら雨男なんじゃないか?って
だって「よし!明日は何処其処に行こう!」って思って天気予報見ると大抵は雨。

何でだろうねぇ…

あと今履いてる靴の底に穴が開いてるらしく水がチョコチョコ浸みてきて靴下が濡れる。
新しい靴買わなきゃ。

そうそう!
今LOTO6がヤバイ!

何がやばいってキャリーオーバー繰り返して1等当選金額がなんと満額4億円
総額でも6億円以上のストックがあるとか

史上最高金額らしい。
当る確立は約609万分の1
抽選は明日

自分もわずかながら便乗して5口1000円分購入

これで確立は5倍

皆さん、明日自分は122万分の1で大金持ちになります。
生暖かい目で応援してください。

宝くじは夢見るために買うもの。
自分も明日まで力いっぱい夢見たいと思います。

・車買う
・バイク買う
・都内に家買う
そしたら2億くらいあまるから残りは投資

発想が貧困すぎる…orz

でもマジで当ったら… (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。