スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ8耐撤退

ホンダ「8耐」撤退 レース予算半減→二輪も大幅縮小

ホンダが世界景気の悪化に伴う新車販売の低迷を受け、今年から世界最高峰の二輪車レース「モトGP」を除くすべての二輪車レースから撤退・縮小する方向で調整に入ったことが22日、分かった。国内最大規模を誇る「鈴鹿8時間耐久レース(8耐)」も含まれる。すでに開発・運営費の負担を理由に自動車レースの最高峰「F1世界選手権」からの撤退を発表しており、新たに二輪レースの大幅縮小を決めたことで、国内外の二輪メーカーにも大きな影響を与えそうだ。週明けにも発表する。

 ホンダはモータースポーツ活動全体について縮小させる方針で、平成21年のレース関連予算は前年比で半減させる意向。今回、大部分の二輪レースで「ワークス」と呼ばれるメーカー参戦チームを撤退させる。量産車ベースのレース用車両の供給や支援などは継続する方向だ。ホンダが活動を続けるモータースポーツはモトGPと、米国などで開催される「インディカー・シリーズ」など一部の四輪レースのみとなる見通し。

 ホンダはモトGP以外の二輪レースとして、8耐のほか、足を着かずに難コースを走り抜く「トライアル」、オフロードのコースを走る「モトクロス」など年間10以上のレースに参戦。モトGPを除く全二輪レースからの撤退を正式に決めれば、コスト削減効果は約30億円程度に上りそうだ。

 ホンダは昭和34年にモトGPに参戦以来、通算623勝をあげるなど歴史・実績ともF1を上回るとされる。モトGPまで撤退すれば「商品開発や販売にも直接的な影響が出る」(関係者)ため継続する。

 自動車同様、二輪車も新車販売不振の影響を受けており、モトGPをめぐっては川崎重工業が参戦休止を発表している。


F1撤退のニュースを聞いてもドキリどころか動揺ひとつしなかった僕のモータースポーツハートがこのニュースにはドキリ。

モータースポーツ関連のニュースでドキリとしたのは久しぶり。

「ホンダというのはここまで厳しい状況なのか」
今となってはホンダは4輪車が、つまり自動車のメーカーとしてトヨタに次ぐ日本屈指の企業だけど、ホンダって言うのは2輪車が発祥の企業。

それこそ"世界のホンダ"という言葉は2輪のホンダに向けられる言葉だ。

そのホンダがMoto GPと並ぶ8耐、しかもホンダのお膝元、鈴鹿サーキットで行われる国内最高峰の2輪レースからの撤退を表明したということがどれだけインパクトのあることか…。
その他にもトライアルやモトクロスなどの競技からも撤退。

30億円程度のコスト軽減というが、むしろ"たった30億円"のためにホンダがモータースポーツ関連の広告効果、そして会社が長年かけて築き上げたスポーティなイメージを切り捨てたんだからとんでもないニュースだ。

F1の場合はコストのことを考えればむしろしょうがないかくらいの感覚だったけど、今回のニュースはいかにホンダが危機的状況を迎え、社内でもがむしゃらになっているかを表す結果となってしまったと思う。

社員を切らない為の決断だったのかもしれないけれど、これは逆に企業イメージが悪化するんじゃないかと思えて仕方が無い。

それにしても気の毒なのは鈴鹿(モビリティランド)の関係者。
もう気分はどん底なんじゃないだろうか。
せっかく新しい鈴鹿を目指してリニューアルしたというのにF1に8耐という鈴鹿で開催されるビッグレースに本家"ホンダ"がやってこないんだから。

僕が愛してやまないモータースポーツが徐々に死に向かっている。
なんとかして生き残ってほしい。

OR9O7044.jpg

OR9O7091-Edit.jpg


学生ブログランキング参加中
スポンサーサイト

いよいよmotoGPですね

昨日は飲み会でした。
平日なのにがんばってお酒飲みました。
相変わらずどんだけ飲んでも酔わない…。
でろんでろんに酔いたいのに。

さて、今年もいよいよmotoGPが日本で開催されます。
今年は序盤こそ混戦模様でしたが一人また一人と脱落して行き、結局は経験、実力の勝るバレンティーノ・ロッシの独走状態になってしまいました。

昨年、このもてぎでチャンピオンが決まった訳ですが今年もおそらく決まります。
皆さん是非足を運んで世界チャンピオン誕生の瞬間を生で目撃してください!

僕はというと、明日の早朝に現地に向かいますが、今年はレースの模様はあまり撮る暇がない感じ。
というのも雑誌のイベント撮影がメインなので音は聞けても写真が撮れないなんて状態(笑)
でも雑誌の6P分の写真を僕一人が今回担当しているのでプレッシャーです。

ただでさえ写真が下手なのに、ましてやイベント写真。
やるからには全力を尽くしますがやっぱり不安もある。

でも、やるしかないんです。
気合い入れて望みます。

併せてツインリンクもてぎの中央エントランス前の広場にて弊誌のブース「MOTO NAVI CAFE」が明日から二日間オープンします。大きなスペースでのんびり休憩出来るスペースとなっております。
僕も時間が空けば売り子さんとしてコーヒーとか作って売っているので是非遊びにきてください。
去年は僕はレースまっしぐらだったので存在すら知らなかったんだけどかなり好評だったみたいです。
レース談義に花を咲かせたいのならおすすめのスペースですよ♪

なんにせよ明日からの2日間マジでやります!
なので気軽に声をかけてください(笑)

学生ブログランキング参加中

悔しいね…

おひさしぶりです皆さん、こんばんわ。
いや悔しすぎるぜ。

自分のことではないけど悔しい。

なんのことっかって?
もちろんル・マン24時間レースですよ!!

プジョーの大失態チョンボで頭に来そう。

昨年はTVUプレーヤーを使って観戦をしましたが、今年はMacということもありTVUは使えず。
当然今年も日本の放送はない訳であれこれ悩みました。

とりあえず、滅多に使わないwindowsのノートPCを引っ張りだして使ってみましたが、あまり調子は上がらず。
一か八かでスタート数分前にMacに接続を切り替え、ネットで拾ったTV局をつないでみると大成功。
おかげで快適な環境でずっと観戦できました。

来年のためのメモ代わりに観戦経過を書いておきます。

最初はオランダのプロキシを挟みつつオランダのRTLで観戦。
RTLは実況などが一切無いため、海外のネットラジオ実況を同時につける。
でもRTLはそもそもオランダ国内のユーザーのみしか見れないようになっているので回線が細くスタート直後からカクカクの紙芝居。

まったく見れるような状況じゃないので、急遽justin経由でeurosportの英語版を使っての観戦。

eurosportは画質も音質もまずまずだけど時々EURO2008であったりWTCC の中継も挟むのでその間をどうしようかと彷徨いつつ、スロバキアまで飛んでいきeurosportがやっていないときはPOPTVのPRENOSで観戦することに。

多分初めて聞くであろうスロバキア語での実況は何を言ってるか全くわからず。
ドライバー、チーム名、コーナーなどの単語を拾いつつ実況のおじさんの話に耳を傾け。

なんだかんだ言っていろんなTV局を行ったり来たりしながらの観戦でしたけど24時間フルで見れました。

それなのに…
プジョーは本当に速かったよ!
でもピットの対応で台無し。

アウディのピット作戦は本当に経験に裏付けされた美しささえ感じるものだったのに対してプジョーはまるで作戦がダメ。

ドライバーがどんなにコース上でがんばってもピットで離される。
特に残り1時間半のところで敢行したタイヤ交換には見てる方みんなが唖然。

( ゚Д゚)ポカーン
(゚Д゚)ハァ?

雨の中なんでドライタイヤで送り出すのよ。
確かに1周で5秒縮めてもレース終了から5分ないと届かない距離だったけど、トップの2号車にちょっとミスがあれば最後の最後までわからないという歴史的なバトルになるはずだったのがパー。

ジャックが王手をかけていた前人未到の
F1チャンプ、インディチャンプ、インディ500ウィナーそれにル・マンウィナーという
モータースポーツ主要四冠達成という記録が無くなってしまいました。

これが達成されればグラハム・ヒルのもつ
F1チャンプ+3大レース制覇と並び称される記録だっただけに本当に残念。

ミナシアンもパレードラップでステアリングを叩いてましたが本当に悔しい。
24時間一生懸命走ったのに…
ルマンは本当に勝つのが難しい
一生に一度しかないかもしれない勝てるレースだったのに…

結局今年もトム・クリステンセンが勝利を持っていくという展開。
やっべー見てて半泣き。
何度挑戦しても勝てないドライバーもいるなかで8度も勝つ、トムクリに嫉妬。

そして今年もヨーストの術中でルマンが進み悔しさ爆発。

ジャックは来年もプジョーに乗るのかな?
絶対、来年こそはリベンジで勝ってほしい。
絶対、絶対…

がんばれジャック!
学生ブログランキング参加中

今年はインディが面白い

日曜日に栃木県ツインリンクもてぎで今年のIRL第3戦が行われました。
勝者はダニカ・パトリック。

そう!女性ドライバーがついに世界のトップカテゴリの一つであるインディにおいて優勝したのです。
これはモータースポーツファンにとっては歴史的な日でした。

少し昔サラ・フィッシャーがインディのPPを獲ったことで話題になりましたが今回は優勝です。

更に第2戦ではボビー・レイホールの息子、グラハム・レイホールがデビュー戦にして優勝。
2年前にマルコ・アンドレッティの作った19歳167日という不滅の記録とも思えた最年少記録を74日更新する19歳93日の最年少記録更新というおまけ付き。

しかも今年から10年以上分裂していたチャンプカーと統合したことから選手権のレベルは昔より上がってます。

このレースは僕もTVで観戦していたのですがグラハムの走りは本当に衝撃的でした。
素晴らしいの一言では表すことのできない、本当に19歳になったばかり?しかもデビュー戦で?という成熟した走りに見とれてしまいました。

マルコといいグラハムといいアメリカ人の若手はヨーロッパに負けず活きのいい連中が今溢れてるね。
そのうちF1に来るかな?
昔みたいにインディ勢とF1勢の交流とかがもっと深まればいいね。

さっきもちょろっと書いたけど今年からインディは96年に分かれて以来別々の選手権となっていたインディとチャンプカーが再び合流して始まりました。
ラインナップを見てみるとエンリケ・ベルノルディやジャスティン・ウィルソンといったかつてのF1ドライバーやダレン・マニングのように日本でもおなじみの名前が並びます。

我々日本人にとって要注目選手はなんと言っても武藤選手でしょう。

武藤さんには本当に期待。
トップチームのアンドレティ・グリーンレーシングに所属していることもありチームメイトは皆トップレーサーばかり。
最高の環境で学びながら戦えます。

インディカーはファイナルラップのチェッカーをくぐるまで誰が勝つかわからないのが魅力の一つ。
レースの流れ次第では武藤選手もいつでも勝つチャンスは巡ってくると思います。

日本人F1レーサーがチャンピオンを獲ることも重要ですが日本人としてインディ500を勝つのも夢の一つ。
武藤さんには我々の夢を是非かなえてほしいですね!

ということで今年はインディカーシリーズに要注目です。
ナスカーもおもしろいですがやはりオープンホイールのレースは別の面白さがありますよね。

学生ブログランキング参加中

2007年全日本F3シーズンエンドパーティ

お久しぶりですこんにちわ。
火曜日に発表だった最終課題の展示も無事に終わりました。
ブックを開かせるために10枚ほどのポストカードをブックの横に置いておいたのですが最終的に全部なくなってました。
そういう意味では一定の成功だったと思います。

今日は全日本F3協会さんが主催のシーズンエンドパーティにお邪魔してきました。
場所は表参道駅から徒歩10分。南青山のMODAPOLITICA.
OR9O5828.jpg

OR9O5824.jpg

OR9O5818.jpg


先のマカオGPで1~5位までを独占という快挙をやってのけた全日本F3ということもあってそうそうたるメンツがそろうと期待してましたが残念ながら大嶋君、塚越君、そしてジャービスが欠席。

すこし寂しいものとなってしまいました。
特にジャービスに会えないのは残念だった!

とりあえず何枚か会場や表彰式の写真など。

OR9O5743.jpg

OR9O5608.jpg

OR9O5661.jpg

OR9O5600.jpg

OR9O5683.jpg

OR9O5654.jpg


まぁ自分にとってコレ!といったことは特になかったんですけど会場の雰囲気もよくとても楽しげな雰囲気でした。
おいしい食事とおいしいお酒を選手や関係者と飲むというのはとても不思議な気分でしたよ。

個人的に吹いたのは伊沢さんと石浦さんが大嶋君が居ないことをいいことにチャンピオントロフィーを担いでお互い写メを撮っていたことね。
OR9O5758.jpg

OR9O5762.jpg

二人ともF3は今年で卒業だろうから記念にってかんじなのかな?

そのトロフィーたち。
OR9O5789.jpg

OR9O5792.jpg

撮ってて気づいたんだけど00年からのチャンピオンの名前が刻まれてるのね。

最初は荷物もかさばるからコンデジだけでいいやって思ってたけどMark?Nとストロボを持って行って正解だった。
会場は本当に暗くってISO800 F3.5 1/20で-2/3ってな感じ。
こんな環境で撮ったことが無かったので悪戦苦闘。
ストロボを炊いたり、ストロボの質感が嫌いなときは脇を閉めてシャッタースピードをギリギリまで落として撮ってみたり。
コンデジだけだったら今頃ここに載っける写真が多分無かったと思う。
家を出る30分前に切り替えた判断正解。

なんか呼ばれておいてなんだけど、とてもいい経験させてもらいました。
なかなか経験できませんからいろんな意味で。

やっぱり写真撮るのって楽しいなぁ。
なんでこんなに楽しいんだろ。

招待してくださった全日本F3協会さん本当にありがとうございました!
本当に楽しかったです。

早くも来シーズンに向けて沸々と燃えてきました。
モータースポーツは終わったけど年内も出来るだけ写真撮りたい。

学生ブログランキング参加中
プロフィール

白い翼

  • Author:白い翼
  • 写真が大好きで社会人やってます。
    バイクや車が好きでレースファン。

    ■受賞歴■
    2007年 第1回全日本F3選手権フォトコンテスト F3協会特別賞
    2009年 第34回2009JPS展ヤングアイ奨励賞
    ☆mixi☆
    ☆facebook☆
    ☆twitter☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Ranking!
BlogPeople
ブログ内検索
amazon
RSSフィード
Twitter

Twitter < > Reload

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。